チャットストリームを上手に活用してポテンシャルを引き出そう

チャットストリームを上手に活用してポテンシャルを引き出そう

テレワークが急速に広まり、クラウド上でコラボレーションする人が増えた今、ウォーターサーバやコピー機の近くで社員同士が言葉を交わしたり、給湯室で顔を合わせたりすることも減りました。代わりに是非活用したいのがチャットです。社内コミュニケーション促進のために導入している企業も多いのではないかと思います。

市場には様々なチャットサービスがあります。Slackなら「チャネル」という機能がグループチャットに相当します。CIRCLE Cloud Communicationsでは「ストリーム」と呼んでいます。

ストリームを活用するメリット:

  • 参加者を自由に設定できる。プロジェクトや部署、職務などなど、発想次第で色々なグループを作れます。
  • リアルタイムでコラボレーションできる。締切や納期がタイトなときも、すぐにリスポンスが得られます。
  • クリック一つでウェブ会議を始められる。定例会議も急な打ち合わせも簡単です。
  • セキュリティ対策も万全。リモートワークを安全に進められます。
  • Eメールほど堅苦しくないので、軽い会話やちょっとした雑談にも最適。

ストリームのデメリット:

  • 検索には不向き。特にたくさんのプロジェクトやストリームに関わっている場合は、後から欲しい情報を探すのは時間がかかります。
  • 常に受信通知が鳴っている状態だと気が散ることも。逆に通知をオフにしたり、「do not disturb」の設定にしたりするとリスポンスに時間がかかる。
  • 自制心が必要。手軽にコミュニケーションがとれる分、脱線しすぎたり、変な動画をシェアし合ったり、収拾がつかなくなってしまう場合も。息抜きやつながり感も大事ですが、状況によってはモニタリングやルール決めが必要かもしれません。

このようにデメリットもありますが、ストリームはUC(ユニファイド・コミュニケーション;統合された通信サービス)に含まれるツールの一つです。仕事を効率的に進めるコツは、状況や目的に応じてこうしたツールを使い分けること。例えばEメールは、大事な連絡事項やアップデートには便利ですが、会話のようなコミュニケーションには向いていません。

CIRCLEクラウドのストリームなら以下のようなことができます。上手に活用してチームのポテンシャルを引き出しましょう!

  • タスクリストの管理や仕事の割り当て
  • ファイルの共有やコメント
  • カレンダーやOutlook と統合
  • 定例会議や単発の打ち合わせのスケジューリング
  • セキュリティ対策済みなので安全にリモートワークができる
  • 日英バイリンガルのITサポート

ストリームで会社のコラボレーション力をアップしたい経営者様はお気軽にご連絡ください



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639