ipbx Tag

Insights / 26.10.2017

iPBX Circle と iPBX Classic の違いとは? もし誰かが、貴社のオフィスに電話システムを売ろうとしているならば、彼ら自身がサービスを運営していることをご確認いただくことをお勧めします。場合によっては導入費用が完全にお金の無駄になってしまいます。また、今後の電話の殆どがインターネットプロトコルを利用する IP 電話になろうとしています。 監視カメラ、プリンター、TV、カメラ、ビデオ製作、車、冷蔵庫、そして考えうるすべてのものが、新たにインターネットに接続され、Internet of things (IoT)へと舵を切っています。 貴社のオフィスにおいて電話システムを新たに導入するには、リスクとコストになる場合があります。 もし電話システムがダウンしたならば、外界とのコミュニケーションを失うことを意味します。多くの場合、貴社の評判やお金の両方をを失うこともあります。オフィスに導入する電話システムは月額料金を払う必要があり、維持やサポートに要するコストもあるため一般的に高価です。でも、賢いプロフェッショナルたちは電話をクラウドに置くという選択をしています。 最初に(iPBX Classic) iPBX Hosting は弊社 AINEO Networks が 2012 年にサービス開始しており、前年の 2011 年から運用を行っています。iPBX Classic は便利なモバイルアプリをご利用者様に提供しており、ビジネス電話をいつでもどこでも使える最初の iPBX プラットフォームとして現在も多くのご利用者様から評価いただいております。 次に(iPBX Circle) iPBX Circle は iPBX Hosting の次世代のクラウドコラボレーションツールです。 クラウドにはモバイルアプリのすべての機能が実装されているだけでなく、複数のパワフルなコミュニケーションツールとなります。 なぜなら iPBX Circle は: - 従来の iPBX Classic 以上に安定した通話が可能。 - チームメンバーは個々のチャットに対応。 - プロジェクト運営やコラボレーションを実施可能。 - 文書の保存、共有、などビジネスに必要な共同作業に適しています。 - コンピュータにカメラがついていればビデオ会議を個々やグループで開催可能。 iPBX Circle は貴社にビジネスコラボレーションのすべてを提供します。 もし貴社がすでに iPBX Classic...

新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639