AI(人口知能)への過度な依存の危険性

AI(人口知能)への過度な依存の危険性

記事:デイヴ・ミッチェルズ

少し前の映画になりますが 2016 年の映画「ハドソン川の奇跡(原題 Sully)」を楽しく鑑賞しました。ネタバレ注意: 主人公がハドソン川に不時着する映画です。


クラッシュで、強制的に水上への不時着を余儀なくされます。この映画は不時着が英雄的に結果となるか、失敗に終わるかに焦点を当てています。そして実際の緊急不時着は一切の失敗がなく印象深いものでした。しかしながら最初のシミュレーションでは2
つの異なる空港での滑走路での着陸が可能というもので現実は予測不可能でした。

この映画の重要なポイントは、国家運輸安全委員会の調査員が真剣に物事をとらえるかということに問題提起を試みています。シミュレーションでは人的ミスの要素まで考慮できていないため、おかしな対策であると述べています。もし人的ミスによる不時着の場合、人はコクピットで制御不能に陥ることとなってしまいますね。

更に映画の中で、人が緊急事態にどのようなアクションを行うかをポイントとして描いています。主人公は手が付けられなくなる前に問題を特定し最初の処置を施し、修正を試みるプロセスがあります。このシミュレーションは鳥との衝突後にすぐに空港に戻るというものです。実際のフライトにおいて、操縦者と彼の最初のオフィサーはいくつかの修理措置を試みます。その確認中にエンジンがだめになってしまうわけですが、滑走路への着陸は除外されてしまいます。この状況は彼らが診断と復旧作業の30秒後に起きてしまうのです。

映画は主人公がヒーローとして締めくくられます、そしてもう戻らないと述べます。彼は重大な決断を数秒のうちに行い、その結果大惨事を回避しました。しかし彼は人的な対策として正しかったかは疑問です。

本ポストをお読みの方の中には、いつか将来完全な無人自動操縦の飛行機でフライトを経験されるかもしれませんね。近年では自動車の自動操縦が実現しつつあります。同じことが陸だけでなく空にもやってきます。コンセプトとしては空においては陸より車・バイクや歩行者などの障害物が少なく難易度は低いとされていますね。

少なくともこの映画では、主人公は問題箇所の特定に混乱することになります。そして彼はどんなパイロットでも同様の状況に対する訓練が行われていないことを指摘します。一般的に、乗客を満載にしたフライトにおいて両エンジンを低い高度で失ってしまうという重大な危機は起きないからです。これは知識ではなく経験が乗客全員を救ったのです。

もてはやされている自動操縦ですが、依存しすぎることへの警告が描かれています。自動操縦は高度とコースを沿うには素晴らしいのですが、予期せぬ出来ことに対しては反応できないのです。自動操縦は実は古くからある技術ですが、新しい技術ではAIによって近年の課題となる、すばやい変更への対応が徐々に良くなっています。AI はまだ実績が少なく急速に成長する分野ではあります。しかし将来の自動運転ボットが人間を上回るという理由はなく、経験豊富なパイロットには簡単には置き換わらないはずです。映画の中で主人公とクルーたちは連続的に仕事をこなします。未来では自動操縦を行うボットが同時にコミュニケートとアクションを行えるようになり、緊急時のエンジンの診断と復旧を試みるステップを踏むはずです。未来の自動操縦ボットは必然的にそうなるはずですし、最終的には人間よりも安全となるでしょう。

すでに現時点でもパイロットは不足していて、更にこの状況は悪くなることが予想されています。しかし連邦航空局がパイロットに加えてサブのパイロットでのフライトを承認すれば、完全自動操縦の時代が到来し、最終的にはコクピットもなくなっていく可能性があります。

これが予期する重要なことは、飛行機は離陸できて、着陸できて、近距離での飛行を可能とし、現存の空港の許容量を更に広げることとなります。パイロットが操縦する飛行機に対するハイジャックの危険性も低下することになるかもしれません。

主人公は人間性を模索したのではなく、本当に起きた危機的な状況で合理的な判断と対応を模索したのです。一番最初のシミュレーションでは滑走路への着陸が可能というものだったにもかかわらず、シミュレーションは現実に沿っていないことが判明してしまいました。AI が成長すればするほど、「経験」をボットとシミュレーションに反映させていく必要があるのです。この結果は不測の事態に対する対策の必要性が明らかなためです。Originally published on https://talkingpointz.com/the-humanity-of-ai/



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639