ニュース

この度iPBXHostingでは日本の市街局番だけでなく、国際番号の取扱いも計画しております。  現在US番号(1)のベータテストを実施しており、弊社のソフトフォンおよびモバイルアプリでの動作検証が完了しだい、正式にサービスをご提供できる見込みです。  御社社員が海外出張、および海外赴任などで海外へ駐在・長期出張される際、日本で契約された電話で日本の番号のままご利用になるケースは少ないと思われ、ほとんどのケースで「解約して、現地法人に新規で電話を手配してもらう」形になるかと思います。  その場合、解約、現地での手配といった手間もかかる上、2年間の契約縛りがある場合は余計な解約違約金がかかってしまいます。  iPBXでの申込時に海外の番号をご利用として申し込んで頂ければ、自動的に海外番号をアサインさせて頂き、現地のWifiさえ申し込んで頂ければ、日本で利用していた携帯電話をそのまま海外でもご利用頂けます。(あるいはデータ専用SIMをお使い頂くことで通信料金を節約することも可能です。  ※高速通信できるSIMカードを選択下さい)  また海外からの通話で今まで多く見られるのが、海外から電話をかけた時に「発信者不明」と表示されたりするケースです。この場合電話を取る人は迷惑電話だと感じてしまい、もし大事なビジネスパートナー様に電話する際にこのようなことが起きると一大事です。  iPBXではこの問題に対応し、いつどこからかけてもご利用の番号を相手先に通知でき、先方への信頼を損ないません。  その他、iPBXでUS番号をお使い頂くメリットは下記のとおりです。  ・ご要望に応じて日本の市外局番をあわせてお使い頂くことが出来ます。(発信者番号切替や、日本にいるときは日本の番号、海外のときは海外番号と使い分けることも可能です。)  ・現地社員の方の手を煩わせることなく、海外番号が利用できる携帯電話が利用可能となります。  サービスの提供の準備が整い次第、追ってご報告させて頂きます。 IPBX Hosting  親会社:アイネオ株式会社 ...

平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 弊社では、2019年9月1日をもちまして、環境保全活動の一環としてペーパーレス化を進めるべく、紙媒体の郵送物の発行を完全に停止し、電子媒体での発行へと切り替えさせていただきます。 現在、弊社サービスをご利用されているお客様へは、引き続き、電子媒体での請求書を送付致します。 紙媒体での請求書のお受け取りをご希望のお客様は、毎月200円の追加料金を頂戴いたします。 ペーパーレス化へのご理解とご協力を、心より感謝申し上げます。 ...

今まで旅行中や出張中などでWifi探しに困ったことはありませんか? ・・・電車内、ホテルの中、空港、飛行機の中、、 出来ればずっと同じWifiを利用出来ればいいのですが、現状では難しいものがあります。 昨今では、頻繁に出張に出かけるような「ロードウォーリアー」ではなくても 街中では非常にたくさんのWifiスポットがあります。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ・もはやケーブル類を使わなくなり、さまざまな周辺機器メーカーがワイヤレスに力を入れている ・オフィスでもフリーアクセス席などの導入が進み、伝統的なオフィスデスクがあまり使われなくなっている ・スイッチなどのベースステーションを導入するよりワイヤレスを構築するほうが安価 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- そこで今回はWifiを利用する際に肝に銘じておきたいポイントをいくつかご紹介します。 1)信頼性:技術が進んだとはいえ、有線に比べるとまだ完全に信頼できるアクセス方法ではありません。 さらに接続ユーザー数、電源供給の安定性、天候・・などで接続スピードは大いに変わってきます。 例えば、ホテルやコーヒーショップなどではあまり帯域が広くない場合が多く、 IP電話などでは音が途切れたり音質が悪くなり、快適なインターネット接続は出来ないことが多い。 2)サイバーセキュリティ:Wifiの電波はそのエリアにいる人全員に届きますが、それだけでセキュリティが 脅かされていることを意味します。特に機密情報を扱うユーザーは、カフェやレストラン、ホテルのオープンなWifiを利用するべきではありません。 <対策> VPNサービス(企業VPNやExpress VPN、Nord VPNなど)を利用することで、たとえセキュアでないWifiに接続していたとしてもセキュアな環境での接続が可能となり、結果的に個人情報と顧客の情報の漏洩リスクを低めます。 また弊社のiPBXはGDPRに準拠した強力なセキュリティに守られており、電話システム、チャット、資料共有、ビデオ会議などが包含されておりますので、これらをご利用頂くこともおすすめしております。 なお出張中などでホテルでWifiを利用するときは、特にNetflixなどオンラインサービスをほかのユーザーが利用して帯域が占有され、接続が遅くなる可能性があることを念頭に入れたほうがよいでしょう。 ホテルに設置のビジネスセンターや、ほかのカフェなどに移動することも手段の一つです。 電話システムを、簡単にクラウド化。詳細はぜひ弊社までお問い合わせください。 ---------------------------------------------- アイネオ株式会社 iPBXHosting 03-4550-6800 support@ipbxhosting.com...

1997年に「もっと良いコミュニケーション手段を提供できるように」の理念のもと、アイネオは創業しました。 それから22年が経った現在、数千ものユーザー様にiPBXクラウド電話システム、チャットシステム、電話会議システムをご利用頂くまでに成長できました。 セールスパートナー様とも協業し、「一万を超えるユーザー様にご利用頂く」を目標に邁進いたしております。 Happy birthday AINEO! コミュニケーションの分野で、日本で最も成長している会社へ。...

マイクロソフトは、1992年にWindowsを発表して以来、企業内でデスクトップシステムを牛耳ってきた。デスクトップの売り上げ、サービスライセンスの販売により、数十年にわたりライセンス販売に固執し、クラウドサービスへの参入が出遅れた。 グーグルは、Google Apps(後にGスイートと命名)を導入し許容範囲を広げ、マイクロソフトはより熟練したCEOに変わりようやくクラウドビジネスに参入。Office 365は、マイクロソフトで最も成功している製品の1つである。O365はクラウドベースの電子メール、連絡先、およびカレンダーを持ち、ユーザーはメールサーバーの各種設定という苦労から解放された。 At Work しかしながら、マイクロソフトは一連の製品に電話または通話タイプのサービスを導入したがが、あまりうまくいっていない。アドレス帳との優れた統合や世界中の何百万ものユーザーにもかかわらず、Skype for Business(当初はLync、その後Skype for Business、現在はTeams)は、会社の従業員のチームにとって「通話をする際に不可欠なもの」ではあるまい。もちろん、多くの企業は従業員をプラットフォームに強制していますが、選択肢のある企業ほど率直である(別の通話サービスを選択している) Skype For Businessとは一体何なのか?Teamsは最良の選択肢なのか? 実際にはTeamsアプリそのものは大丈夫かと考える。チャット機能を持ち、実際に電話をかけることができる。でもやはりうまく統合されていない。サービスを利用している人はこう言っている。   ...

ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社 は、35年以上にわたり、全国の大手企業のITニーズをサポート、日本を代表するシステムインテグレータである。 ゲイトウェイは、テクノロジインフラストラクチャに強く、IT製品を販売し、エンジニアをITアウトソーシングし、そしてサイバーセキュリティソリューションを提供。ゲイトウェイは、クライアントがオフィスのシステムを排除し、クラウド上でビジネスを開始できるように、iPBXホスティングクラウド通信を選択したと発表。 ゲイトウェイの社長の林秀一氏は、この新しいサービスについてコメントしました。「アイネオのiPBX Circleクラウドサービスを選択したため、電話サービスを常時提供でき、クライアントがすでに使用しているクラウドアプリケーションと統合できるようになりました。」 アイネオのゼネラルマネージャーであるウルフ・スペンサー氏は、アイネオがゲイトウェイ・コンピュータを日本のセールスパートナーとして歓迎できることを嬉しく思います。 ウルフ氏は、次のように述べています。「ゲイトウェイ・コンピュータは、人々が働きたい会社です。彼らは、顧客との信頼関係、そして信頼できる最新の情報技術を手に入れるためのチームの間の情熱を持っています。」 日本で最も急成長しているクラウドサービスを利用するには、電話またはそのWebサイトGateway Computerに連絡してください。東京の連絡先は03-5823-8123...

お客様、セールスパートナー様各位 平素は大変お世話になっております。 掲題の件、誠に勝手ながら、以下の期間を弊社休業とさせていただきます。 ゴールデンウィーク休暇期間4月27日(土)~5月6日(月) ※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、5月7日より順次ご対応させていただきます。 ご不便おかけしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。 ...

お知らせしておりましたブートキャンプにつきまして、今週無事実施できる運びとなりました。このブートキャンプでは、セールスパートナー様とiPBXに関してよりよい談義・情報交換が出来ればと考えております。当日は下記の内容を予定しております。 ・Zoho CRM連携に関してのご説明 ・Winレポート(弊社製品に関して、また競合他社の動向など) ・弊社との情報交換 ・ささやかではありますがお飲物および軽食をご用意しております。皆様のお越しをお待ち申し上げております。 アイネオ株式会社 社員一同 ...

オフィス移転時にクラウドPBXに移行すべきなのかどうか? データを保存するためにサーバーを購入した時代は既に終わりを告げており、昨今では 多くの企業がOffice365、Zimbra、G-Suite、Dropbox、そしてSalesforce.comといったクラウドサービスへと移行している。しかしながら電話システムはどうか? 日本では、まだ多くの企業が旧式ともいえる電話システムを販売し続けており、時代に合わせてビジネスモデルを変えるのに苦労しているようにも見える。具体的には、NEC、パナソニック、日立、沖、岩津といった企業がオフィス用として売り続けている。 もちろん費用さえかければ、今まで通り従来の電話システムを購入することは可能だ。しかしその場合、ハードウェアとソフトウェア両面を最新の状態に保つ必要があるうえ、電話回線費用、通話費用も併せて支払う必要がある。 だがそれだけで済むほど簡単な話ではない。昨今ではあわせて次のような要素も考慮しなければならない。 ・CRM・ERPと電話システムの統合 ・ソフトフォンやチャットシステムに最適なアプリの選定 ・BYOD対応 ・信頼できるシステム クラウドを導入することによる欠点がないわけではない。使用したサービスの分だけサブスクリプションとしての費用はかかる。しかしながらこれらのコストを考えても、ハードウェアなどの必要経費と比較すると安価であり、優れたCSP(クラウドサービスプロバイダ)を利用することで投資以上の効果が見込める。 フリーウェアを使った電話サービスを販売する会社もある。安価で売ることに焦点を当てているが、問題はそれが安定的に動作するとは限らず、またセキュリティ面を考えると不安が残るといえる。 事務所の移転・引っ越しは、御社のチームに新たなワークスペースを与えるとともに、効率のよいツールの導入を検討する絶好の機会です。 もし御社が事務所の移転を考えているのであれば、ぜひ弊社のiPBX Hostingチーム、およびセールスパートナーにお問い合わせください。 御社のビジネスのステージを次のステップへ引き上げるお手伝いが出来れば幸甚です。 ...

通話の録音、と想像すると、政府が兵器ディーラーの通話を盗聴、またはドラッグディーラーを捕まえるために盗聴するイメージがあるかもしれない。 しかし今はコールセンターなどでの通話録音は日常的になっている。 通話を録音するのは正当な理由がある。    通話を録音する本当の理由は?  ・詐欺から会社を守る  ・社員研修のため  ・トランスクリプションを使用して通話を検索可能なテキストに変換する  ・顧客対応力アップ    通話録音の良さを伝えるために一例を用いて説明すると、ほとんどの会社はユーザーのEメールをアーカイブしているし、通話を録音するのは特に変わったことではない。     IPBX Circleクラウド・コミュニケーション・サービスでは、人材募集やリクルート業界のセールスチームがどのように候補者と対話をし、候補者へのアプローチ方法、また候補者を会社に紹介する時の対応の仕方などもトレーニングの一環となっている。   iPBX Circle クラウドを利用している顧客サービスチーム管理者はできるだけCSRを通したクライアントとの会話を録音したいと思っている。 CSRは消費者の電子機器、キャンピング器具、エアチケット販売、予約の処理、様々なビジネスの手続きなどサポートしている。仕事を始める時の指導と研修に必要とされる。    iPBX Circle を利用している政府機関または旅行産業は通話録音によって組織を守るベネフィットがあり、録音によって組織は脅威やトラブルの追跡、分析、情報の保管ができる。   最近では、ビジネスのコミュニケーション方法は色々あります(Eメール、チャット、ビデオと音声通信)。 特にビジネス対話ではビデオと音声で真の感情や意図が明らかになる。あなたの会社は全ての通話を録音するべきですか?それはYES! 自分のビジネスの状況をさらに掴んでいれば、チームとクライアントでさらなる結果を出るはず!   iPBX Hostingは、日本を拠点としている地理冗長クラウドベースコミュニケーション(電話、チャット、ビデオ)サービスであって北アジアの中では天下一品との定評がある。何度もパートナーからリクエストがあったため、通話を録音したいパートナーに音声録音オプションを提供できるよう、 iPBXチームはこのオプションの開発を進めている。この新サービスを6月1日から iPBXパートナーに提供が可能。 詳細については、iPBXセールスパートナーもしくはアカウントマネジャーにお問い合わせください。...

Apple Watch Version1,2, もしくは3を購入したことのある人にとって、新しいApple Watch Version 4の実行可能性に疑問を持つだろう。簡単に言えば、Steve Jobs亡き後の製品は日常生活に欠かせないものになっているであろか。 既に“Why Would I...

新規お客様相談窓口 03 4520 8639 ハローサンキュー