ニュース

携帯電話は生活にもビジネスにも欠かせない存在です。そのため会社用とプライベート用、常に2台の携帯を持ち歩いているビジネスパーソンもたくさんいます。NECやパナソニック、富士通、京セラの「ガラケー」の時代から、一世を風靡したブラックベリー、そしてiPhoneやアンドロイドスマホまで、デザインや機能は変わってきましたが、2台持ちの慣習は続いています。 しかしスマホネイティブ世代を中心に、これを面倒に感じる人が増えています。法人携帯をなくしてしまうと会社としては 「経費精算はどうすれば?」 「顧客の目が気になる」 「プライベートの電話番号を名刺やEメールに載せるわけにはいかない」 「社員のオン・オフの管理が難しいのでは?」 「トラブルの元になるかもしれない」 といった点が気になりますよね。 ですがこうした問題を解決して仕事とプライベートの線引きを明確にする方法があるのです。そのやり方とは: 部署ごとに直通番号を設け、外線は全て部署直通番号で受ける 営業など顧客とのやりとりが発生する社員には、個別に直通番号を設ける。会社信用に関わるため個人の携帯電話番号やIP番号は使用しない スマホ上でも使用でき、安全・安心なビジネスアプリを導入する(CIRCLE Cloud Commsなら、音声電話、テレビ通話、チャットが全て一つのアプリで完結し、社員同士の連絡もスムーズです) 電話に出られないときのために留守番電話機能や、他のスタッフへの転送機能をつける こうすれば外出先でも営業部員が携帯から外線電話を受けられますし、出られない場合は内勤の営業アシスタントが代わりに対応できるので顧客満足度の向上にもつながります。 社員が仕事にプライベートのスマホを使うのは会社にとってはリスクを孕むだけでなく、オポチュニティロスでもあります。通話の分析(応答率、通話時間、頻度などの営業活動歴)や、CRMとの統合もできませんし、プライベートの携帯では、通話を録音してトラブル回避や研修、サービス改善に役立てることもできません。更にアプリがあれば、リモートワークへの対応もスムーズです。 会社携帯のことでお悩みの方は、CIRCLEのパートナーサービス部門までお気軽にご相談ください。ご状況に応じたソリューションをご提案させていただきます。お電話は03-4550-6800、またはお問い合わせフォームからどうぞ。...

AINEOは2016年にCIRCLE Cloudを導入して以来、伸び続ける需要に応えるために日々奮闘して参りました。その中核機能として特にボイス、ビデオ、チャットに力を入れてきましたが、インターネット上でファックスを送れるようにしてほしいというお声が非常に多く、それに応えるためにチームが奔走して立ち上げたのがQuickFAXでした。 ご好評を頂いているこのサービスも今年に入ってシステム容量が上限に達したため、機能をアップグレード・拡張いたしました。更に今月からはご要望の多かったもう一つの機能、日本語版のインターフェースを追加します。これにより10月30日からはオフィス複合機の使用はもちろん、日本語のウェブポータル上からファックスの送受信・閲覧ができるようになります。 CIRCLEは日本で最も伸びているクラウド電話サービスです。 今回のように改良を重ねていくことでQuickFAXも日本で#1のインターネットFAXサービスになると確信しています。お客様がいつでも自力でスイスイ仕事を進められること。それが私たちのやりがいです! QuickFAXは10月30日の午後11時45分から約30分間のサービス停止を予定しております。 11月になりましたら新しいベータシステムを見るために是非ログインしてみてください。ロゴも新しくなりますのでお楽しみに! CIRCLEをお選びいただき、誠にありがとうございます!...

弊社サービスをご利用のお客様、 [vc_empty_space height="20px"][vc_column_text] 平素よりクイック FAX サービスをご利用いただき厚く御礼申し上げます。 [/vc_column_text][vc_empty_space height="20px"][vc_column_text] インターネット FAX サービスは 2016年のサービス開始以降、多くのユーザー様にご利用いただいております。 現在、データセンターの拡張やポータル メニューの日本語化に取り組んでおりますがサービス拡張に伴い下記の日程にてメンテンナス工事を行います。 お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 [/vc_column_text][vc_empty_space height="40px"][vc_row...

出会いや別れの作法は国や文化によって違います。舌を出したり(チベット)、鼻や額をくっつけ合ったり(ニュージーランド先住民)、手を叩いたり(ジンバブエ)。欧米ではご存じの通り、右手を握り合う握手が一般的です。 ところが今、新型コロナウィルスの影響で欧米の伝統的な挨拶である「握手」が危機に陥っています。来る日も来る日も新型コロナの話題ばかりで、どこへ行ってもソーシャルディスタンス…顧客や同僚、友人に挨拶したいときには一体どうすればいいのか?欧米では試行錯誤が続きます。足タッチや肘タッチなどを試みるヨーロッパの要人たちの映像をご覧になった方もいるでしょう。 でも、やっぱりちょっと変ですよね。見た目もおかしいし、感情がうまく乗らないというか… お辞儀をする馬 握手の歴史はかなり古く、史料で確認できる限りでは紀元前9世紀まで遡ります。現存する「最古の握手」の舞台は古代オリエント(実はヨーロッパ発祥ではないんです)。アッシリアとバビロニアが同盟を結んだ場面を描いた石のレリーフに、アッシリア王シャルマネセル3世とバビロニア王マルドゥク・ザキル・シュミ2世が握手を交わす様子が彫られています。 それからおよそ3000年。今でも出会いや別れの場面はもちろん、喜びや激励、感謝、合意など様々な気持ちを表現する儀式として生き続けています。日本人同士ではあまり見かけませんが、海外のクライアントやビジネスパートナーとのミーティングや商談で相手と握手をする方は多いのではないでしょうか。 元々は持つ利き手を差し出し、武器を持っていないことを示す行為だったと言われていますが、ウィルスが蔓延する今、こうした身体的なコンタクトは究極の信頼や連帯感の現れとも言えそうです。 日本は言うまでもなくお辞儀の文化であり、相手とは物理的に距離をとって敬意を示します。足や肘さえ触れることのない究極の非接触型の挨拶です。 韓国や中国、アジアの他の国々にもお辞儀の文化があります。コロナにも優しいし、武器を持って商談に臨む人は(マフィアでもなければ)そんなにいないし、まさに時代にぴったりの挨拶方法!です。コロナをきっかけにお辞儀が世界中に広がったらちょっとおもしろいですが、握手も長い歴史を持つ儀礼ですから、そう簡単にはなくならないかもしれませんね。 でもCIRCLE Cloud Communicationsは元々遠隔コミュニケーションを支える通信が本業ですから、コロナでも安心してお使いいただけます!クラウドでいつでもつながれる通信サービスをお探しの方は、是非こちらからお問い合わせください。 ...

昔なら部屋いっぱいコンピューターを並べなければできなかった計算が、今は腕時計型のガジェットでできる…。テクノロジーって大好きです。最近のスマートウォッチはどんどん進化しており、時間はもちろん、健康やフィットネス、運動量も簡単に管理できるようになりました。 スマートウォッチでは例えばこんなことができます: 歩いた歩数や距離、ランニングやサイクリングなどの運動の記録 心拍数の記録 スマホに送られてきたSMSやチャット、通知のチェック(スマホを買ったらとにかくこの機能を全てオフにしましょう。Eメールを受信する度に腕時計のバイブが作動すると、本当にうるさいですよ) これからスマートウォッチを買おうかなと思っている方。色々なメーカーや種類があって迷いますよね。でもランニング、スイミング、サイクリングをする方に断然おすすめのものが二つあります。Apple WatchとGarmin Fenixです。Apple Watch(未だにiWatchと呼ぶ人もいますが)は市場シェアトップを独走するスマートウォッチ。さすが世界一リッチなテクノロジー会社、Appleが開発した商品です。もう一つ人気なのがGarminのFenixシリーズ。Garminが展開するフィットネスウォッチの最高級ラインです。 毎日充電をするのが苦にならない人は、Apple Watchがいいでしょう。ディスプレイが美しく、機能もとても充実しています。健康・フィットネス機能はもちろん、Siriが内蔵されているのでボイスコマンドが使え、Strava(ランニング、サイクリング、スイミングをする人が皆使っている運動記録アプリ)との同期もできます。ただし、最初に述べたように充電は毎日しないと持ちません。また、クォーツや自動巻きのようにフェイスが丸くないので違和感がある人もいるかもしれませんね。でもブランド力があるので、要らなくなったときには(新しめの機種であれば)中古で売れる可能性も大です。 一方のGarmin Fenixシリーズ。Garminはアメリカの会社で、創業者はGaryさんとMingさん。二人合わせて「Gar-Min」というわけです。結構前からある会社で、GPSで有名です。スマートウォッチのライナップも豊富で、50ドルから3000ドル(約31万円!)まで様々なモデルがあります。Apple Watchにもバリエーションはいくつかありますが、GarminにはVivoシリーズ、Forerunnerシリーズ(日本では同名の車があるため、Foreathleteシリーズと呼ばれています)、そしてお値段500ドル~のFenixシリーズがあります。ルックスでは完全にAppleの勝利でしょう。Apple Watchのディスプレイは本当にカッコいいので(Garmin Venuのカラーは個人的に好きですが)。ただ、このディスプレイが(画面オフ時に省エネで時間のみを表示するAOD機能などを利用しても)電池を食うのです。 Garmin Fenix 単にスマートウォッチが欲しいなら、Appleがいいと思います。でも長時間のライドやランニング、スイムでも消耗しない時計が欲しいなら、Garmin...

AINEOは名古屋を愛しています! 日本の中部エリアは、地元の方でないと商売が難しい場所の1つとして考えられています。しかし、いくつかの非常にスマートな会社が2018年にCIRCLEクラウドコミュニケーションズを理解してくれ、そのユーザーの皆様へ日本で最も成長しているクラウド電話サービスとして紹介してくれました。 弊社のセールスパートナー様は成功しております。その結果、元々もっていた電話番号が無くなり、2020年7月11日、弊社のエンジニアが今回環境を増強することになりました。 CIRCLEで、弊社のゴールはお客様が電話、チャットやビデオコールを利用し続けられるよう、豊富なインバウンドとアウトバウンド環境を提供してゆきます。 名古屋チーム、本当に有難うございます!一緒に仕事できることを嬉しく思います。 ...

電話の録音機能は決して新しい技術ではありません。証券会社や銀行では昔からディーリングルームの通話を録音していますし、多くの企業のカスタマーサービス部門ではコールセンタースタッフとお客様のやりとりを記録しています。なぜこのような機能が必要なのでしょうか。 金融機関が通話を録音するのは、電話でやりとりした数字に間違いがないかを後からチェックできるようにするためです。コールセンターでは、注文の確認だけでなく、クレームやトラブルの対応事例をスタッフの研修に役立ててサービスの質の向上を目指すのが目的です。どちらも会社にとって非常に重要な記録となります。 日本で最も速いスピードで成長しているクラウド型電話サービスであるAINEOは、今年たくさんの新機能をリリースする予定です。その一環として現在、CIRCLE VR(通話録音)サービスの提供準備を進めており、この度本機能のベータテスト参加企業を募集いたします。 CIRCLE VRは社員と外部のやりとりを記録できる機能で、例えば以下のようなメリットがあります: VR(通話録音)機能の主な利活用法: 取引の確認 顧客心理の把握 部下やチームメンバーのクライアントサービス向上 ビジネスリスクの追跡 チームや顧客のデータ解析 より効率的にビジネスを管理したいとお考えの方は、是非CIRCLE VRをお試しください。ベータテスト参加枠は限られていますので、お申し込みはお早めに。ベータテスト参加枠に残念ながら漏れてしまった場合でも、数週間後には正式公開(GA)予定ですのでご安心ください。既存CIRCLEユーザーの皆様は正式公開後にオプションを追加するだけでご利用を開始いただけます。詳細はこちらからお問い合わせください。 取引先の本音を見抜き、社員のレベルを引き上げ、ビジネスを成長させる新ツール・CIRCLE VRにどうぞご期待ください! ...

水泳は苦手、走るのも好きじゃない…という方は、運動不足解消にサイクリングはいかがですか? サイクリングは適度に心拍数を上げられるため有酸素運動として効果的ですし、景色も楽しめる素敵なスポーツです。一口に自転車といっても、様々なタイプがあります。お馴染みの「ママチャリ」はギア(変速機)のないシンプルな自転車で、前にかご、後ろにはキャリアがついています。買い物や近所の移動には最適ですが、サイクリングには不向きです。 Specialized のバイク、 Roubaix Expert UDi2 ママチャリ以外では、オフロード向きのマウンテンバイク、スピード重視のロードバイク(タイヤの細いやつです)、両者の中間的な位置づけのクロスバイク(ハンドルがまっすぐで、フレームがおしゃれだったりします)などがあります。高額ですがトライアスロンバイクや、タイムトライアルバイクのように、競技に特化したものもあります。東京やロンドン、ニューヨークといった大都市ではDahonやドイツの Birdyなどの折り畳みバイクもいいですね(私の一押し Brompton です)。 自転車のメーカーは実にたくさんあり、アメリカのTREKやFelt、上述したイギリスのBrompton(製造も英国です)、カナダのCervelo、イタリアのBianchiに、台湾のGIANT、今はカナダ系のキャノンデール、日本ならブリヂストン(アンカー)やヤマハ、自転車大国オランダ発のメーカーなどなど、どれも個性豊かです。 私は実は大の自転車オタクで、折り畳み自転車とクロスバイクとグラベルロードバイクを持っています。よく見るとフレーム以外のパーツはほとんどがシマノ製です。シマノはブレーキからギア、ペダルまで、あらゆるパーツを(実はフレームも)つくっています。 じゃあシマノの自転車に乗ればいいじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、そうではないんです。自転車はただのパーツの集まりではありません。全てが有機的につながり、一つの生き物のように動きます。その結果、ワークアウトだろうと通勤のための純粋な移動だろうと、いいバイクには「乗り心地」とかその自転車ならではの「個性」のようなものがあります。 こんな私が次買うなら絶対に…と心に決めているのがSpecializedです。 まず日本全国に店舗やディーラーのネットワークがあり、ほぼすべてのカテゴリを扱っていることからもわかるように、日本市場にコミットしていること。それから本格的なライダーはみな、スペシャライズドのハイエンドモデルであるS-Worksのバイクに乗っていること。それだけクオリティが高いということです。更に、スペシャライズドのコンセプトストアでは、バイクを選ぶときに採寸をしてくれます(私たちは、銀座と原宿のストアにお邪魔しました)。スーツと同じように、自転車も用途やサイズが合っていないと快適に乗れない上、よいパフォーマンスが出せないからです。ここまでやってくれるのはスペシャライズドだけです! スペシャライズドは米カルフォルニアのモーガンヒルというところで1974年に設立された会社で、生みの親は現在も社長を務めるマイク・シンヤード(Mark Sinyard)というライダーです。Stump Jumperに代表されるオフロード向けのマウンテンバイクが創業以来の得意分野ですが、最近ではロードバイクもスぺシャ抜きには語れません。ロード、マウンテン、クロス、グラベル、そしてハイエンドのS-Worksラインなど、とにかくクールな自転車をたくさんつくっています。多摩川サイクリングロードを走れば、日本でのスぺシャ人気は一目瞭然です。 そんなスペシャライズドは、ビジネスにも滅法強いってご存じでしたか?スペシャライズド・ジャパンが社内外のやりとりに使っている電話・コミュニケーションシステムは…もちろんCIRCLE Cloud Communicationsです。素晴らしい製品のあるところに、素晴らしい縁の下の力持ちあり。そして今度は縁の下の力持ちが、魅力的なバイクを手に入れたいと夢を見る、この経済の好循環。どのモデルにしようか、真剣に悩んでいます…! スペシャライズドの魅力がおわかりいただけましたでしょうか。最高にカッコいい自転車をお探しの方はSpecializedへ。そして日本で急成長を続けるクラウド型電話サービスをお探しの方は、CIRCLEまでお気軽にお問い合わせください。 ...

おかげさまで23年間、bright, quick, and flexibleなチームAINEOが日本でサービスを提供して参りました!東京の北の一室で会社を起業したころには、毎年億単位のビジネスをされているようなスマートな会社様たちをサポートするような技術を提供することは想像できませんでした。 ちょうどもうあと2年経つと、silver birthday - 25周年ですね。今後とも宜しくお願い申し上げます。 Happy Birthday AINEO! ...

日本の首都圏の人口は37,393,129人。これだけの人が集まって暮らしている場所ですから、中国の武漢コロナウイルスは人々の生活にも、生活を支える企業活動にも甚大な影響を及ぼしました。大企業は一時的に売上が落ち込んでも次の四半期まで持ちこたえる体力があるかもしれませんが、中小企業は壊滅的な打撃を受けています。特にホテルや小売店、娯楽・エンタテインメントの世界では収入がほとんど絶えてしまった企業も少なくありません。 もちろん安全や健康は大切です。しかしビジネスは頭で勝負するものではないでしょうか。ここでは、六本木にあるスポーツ用品店(六本木の頭文字をとって以下「R」とします)と、丸の内のあるスポーツ用品店「M」を例にとってみてみましょう。 Rはアメリカ系のブランドで、六本木の店舗は出店しているビルのオーナーから臨時休業を言い渡されました。スタッフは一時帰休、それ以外のスタッフも商業施設に入居していない独立店舗に派遣され、六本木店の売上は2か月の間ゼロとなりました。その間の収益はもちろん、まだ取り返せていません。 同じような商品を展開する競合のM社はどうでしょう。こちらはイタリア系のブランドです。入居している丸の内の商業施設は、営業・休業の判断を各テナントに任せました。Mは営業を続ける方を選びました。アウトドアブランドとして、お客様に商品やサービスを届けることを優先したのです。 丸の内は六本木と違い、徒歩圏内に住む住民もほとんどおらず、外出自粛要請下ではむしろ不利な立地でした。しかし営業を続けたことで得られた結果はといえば: 従業員の一時帰休・解雇を一切行わずにすんだ通常通り商品を購入したりサービスを受けることができた顧客にも満足してもらえたビジネスに対する心構えを顧客に伝えられた売上を維持できた(売上は前年比30%増だったようです!) パンデミックは全てのビジネスパーソンに大きな課題を突き付けています。お客様に商品やサービスを提供するためには社員の安全と健康が欠かせません。しかしお客様に商品やサービスを提供しないことにはビジネスは成立しないのです。 企業ブランドというものは日々の小さな決断の積み重ねでできています。丸の内のショップと、六本木のショップと、どちらの判断が正しかったのでしょうか?まだ正解は見えませんが、確実に言えるのは、社員もお客様もハッピーな会社は成功する、ということです。 当社には在宅勤務をサポートするCIRCLEという強力なツールが揃っており正直なところ一生リモートワークを続けても困らないのですが、AINEOでは業界に先駆けてオフィスに社員を戻す決断をしました。なぜなら、当社のパートナー企業の成功なくしてAINEOの成功はないからです。私たちはパートナー企業とそのお客様のパイプ役です。全国各地のデータセンターをしっかりサポートし、どんな状況にもすぐに対応できる態勢を整えておくのが私たちの使命だと考えています。 ...

AINEOがテレワーク/在宅勤務を通して学んだこと AINEOでは何年も前からコミュニケーションシステムは全てCIRCLEを使っていますが、昨年10月に令和元年東日本大型台風(Hagibis)が日本を襲ったとき、当社ではBCPの一環としてリモートワークを実験的に取り入れました。この経験を踏まえ、今回は新型コロナウイルスの感染者数が増え始めた3月に100%リモートワークに踏み切りました。 1. CIRCLEは非常にスムーズに機能する その間に学んだことを共有させていただきます。 CIRCLEのモバイルアプリとPCソフトフォンを組み合わせれば、自宅でも会社の回線と番号を使って電話をかけたり受けたりできる 必要に応じて電話を転送できる 留守番電話もアプリやメールのインボックスに自動送信される ストリームでグループチャットができる タスクリスト機能で小さなチケットも大型プロジェクトも管理できる 社員がプレゼンスを更新すれば誰がオンラインか一目でわかる 2. メンバーの長所と短所が浮き彫りになった 人には(会社にも)それぞれのやり方やスタイルがあります。AINEOはチームで動いているので、リモートワークではチームメイトの長所や短所がよく見えました。在宅でも目標を見失わず、成果を追求することが大切です。経営陣やマネージャーはパフォーマンスをどう評価するかを考えるべきでしょう。電話を利用する頻度が多い営業などでは、KPIを管理できるAINEOのダッシュボード機能がおすすめです。集中力できる環境づくりが大切! 3. 集中力できる環境づくりが大切! 自宅だとどうしても仕事とプライベートのけじめが曖昧になります。仕事をする物理的な環境は成果に大きな影響を与えます。しかし家では騒音、子ども、ペットなどなど、コントロールできない要素が多いのが現実です。家では自分のルールを決め、それを徹底することが大事だと思います。詳しくはこちらのブログに書きました。   4. 在宅では整理整頓を(自分なりに) 整理整頓は大事ですが、周りにガジェットやOA機器、書類やコードがたくさんあった方が仕事がはかどるという方もいらっしゃるでしょう。アインシュタインは「散らかった机が頭の中がぐちゃぐちゃな証拠だというなら、一切何もおいていない机は何を示しているのか?」と言っています。発明王エジソンも机が汚かったことで有名です。要はバランスの問題ではないでしょうか。スペースを効果的に使い、最低限でも必要なものをすぐに見つけられる程度の秩序を保ちましょう。 5. 一日はあっという間! 通勤時間がゼロというのは色々な意味で楽です。自分の時間が増えるという大きなメリットもあります。しかしタイムマネジメントに悩む人も少なくないようです。自分の仕事がタスク型なのか、時間に縛られる職種なのかによっても変わってきます。チームリーダーが1日・1週間単位で一人ひとりに十分な量のタスクを割り振り、定期的に進捗を確認するやり方がようようです。 6.対面のコラボレーションやチームワークに勝るものはない 個人でも問題なく仕事はできました。でもブレインストーミングや、新しい計画の実行は遠隔では(対面と比べて)ハードルが高いことがわかりました。 1日2回(朝と夕方5時)に皆で顔を合わせるミーティングを行いましたが、毎日2、3件のウェブ会議は too muchだと感じるメンバーもいました。この「ウェブ会議疲れ」はやがて皆が感じるところとなりました。多くの業界で需要が減速し(底は打ったようですが!)、4時間ごとに報告するほどの進展がなかったことも原因の一つだと考えられます。 ちなみに、緊急事態宣言の解除を受け、AINEOの社員はオフィスに戻りました!また状況が変わったらいつでも在宅勤務に切り替えられるとわかっているのは大きな安心材料です。 出社されている方も、在宅で仕事をされている方も、CIRCLEにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 ...

当社はクラウドベースの電話・チャット・テレビ会議サービスを提供する会社ですから、本来在宅勤務は得意分野です。ではなぜオフィスに戻ったのか? 朝夕には進捗管理のためのビデオ会議。そしてその合間にも、各プロジェクトやタスクの打ち合わせのための無数のビデオ会議。メディアはネガティブなニューズばかり…。この状況が数週間続いたところで、AINEO経営陣は在宅勤務はこれまで、と判断したのです。 自粛中に感じたことは、日本には2タイプの人がいるということです。心配性で家にいたいという人と、毎日新規感染者数やころころ変わる意見ばかり気にして暮らすステージから早く前進したい、という人です。 始まりは数人のエンジニアでした。政府はできる限り外出を控えるよう呼びかけていましたので、私たちもそれに従いました。でも、綺麗なオフィスにはダブルモニターがあり、すぐ手の届くところにプリンターがあり、近くにレストランがあり、そして話し相手になるチームメイトがいます。優れたチームに勝るものはありません。 もちろん、今回の武漢コロナウイルスから学んだことはたくさんあります。一足先に会社勤務に戻す決断をしたのかについては、また後日シェアします。なぜ、国内の何千社という企業に電話・ビデオ会議・チャットサービスの販売・サポートを行う私たちが在宅勤務にNOと言ったのか?インフラは(当然)全て整っているにも関わらず、です。 次回ブログは在宅勤務の気づきなどをお届けしますので、どうぞお楽しみに。日本で最も成長が早いVoIPサービスのサポートが必要な方はご安心ください。THE CIRCLE TEAM IS HERE! ...

新規お客様相談窓口 03 4520 8639 ハローサンキュー