Microsoft、日本にWindows 10を導入

Microsoft、日本にWindows 10を導入

IMG_6034
(東京) Microsoftは最新バージョンのWindowsを今週(8月29日)日本のマーケットに導入した。直近のバージョンはWindows 8.1であるとはいえ、AINEOのTRIBEサポートユーザーの大部分は職場で使うOSの企業標準として今もWindows 7を使用している。私たちは全国的にも同様であると結論する。過去18ヶ月間、TRIBEはAppleのより高価なプラットフォームに移行するユーザーの増加を目にしてきた。特に中間管理職や幹部たちにその傾向が見られる。しかし、企業内ユーザーの大多数はWindows 7の使用者である。AINEOはまた、クラウドベースのビジネスフォンサービスであるiPBXホスティングのユーザーの大部分が、ノートパソコンで使うソフトフォンをWindows 7で使用しているのを見てきた。

Microsoftは何年にもわたってその主力商品であるWindows OSから得てきた勢いの再燃を期待している。新しいリーダーシップの下で戦略が変化した。Appleはハードウェアが新ソフトをサポートするマシンのユーザーすべてにOSを無償提供し始めた。MicrosoftもWindows 7以降をインストールされたマシンすべてへのフリーモデルの提供へ移行した。さらに、Appleがこうしたタイプのアップデートを自社のPCおよび大人気のiPhoneに提供するのに、AkamaiのCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を使用しているのは周知の事実である。何らかの理由で、Microsoftは新しいWindowsプラットフォームの展開を絞り込んでいる。彼らはCDNプロバイダを持たないのだろうか?AINEOはMicrosoftは資産が不足しているのではなく、ざわめきを引き起こしつつ人々にはただ予約させようとしているのだと考える。2つ目に、新OSをダウンロードできる人数を制限することで、Microsoftは新OS展開を管理するグループ規模を小さくできる。



お問い合わせ 03 4550 6800