総務省より電気通信事業届出の受理

総務省より電気通信事業届出の受理

For_iPBX_QuickerWeb

東京を拠点とする、日本で最も信頼性が高く、費用対効果の高いクラウド PBX サービスのプロバイダである AINEO 社は、本日、総務省より iPBX ホスティングと QuickerWeb ビジネス電子メールサービスにおける電気通信事業届出が受理されたと発表しました。

AINEO の TRIBE サポートの技術チームは、AudioCode(オーディオコーズ)、Avaya(アバイア)、Cisco(シスコ)、Mitel(マイテル)、ShoreTel(ショーテル) の電気通信および IP 電話製品のインストールやサポートの分野において、すばらしい活躍をしております。AINEO は、これまで、パートナー・クライアントから現地での機器等の移設や撤去などの依頼を数多く受け、弊社の TRIBE 技術チームがサポートをしてきました。

AINEO チームのゼネラルマネージャー、ウルフ氏は、「パートナー・クライアントは、クラウド PBX 電話プロバイダーに対して、過剰な料金請求であったり、音質やサービスがあまり良くないなど、不信感を持っておりました。そこで当社に、なんとかしてほしい、もっとうまくできないかなど、クラウド PBX に関する数多くの相談が寄せられたのです。

当社なら、1997年からパートナー・クライアントのネットワークで、電気通信プロバイダーとして活躍しておりましたので、クラウドでも更にうまくできるという確信を持っておりました。」 AINEOは、依頼のあった一部のクライアントだけにクラウド電話サービスを提供していましたが、政府からの認可と言う裏付けを得たことで、AINEO の iPBX および QuickPhone サービスは、国内・国際の両方で拡大していくでしょう。ウルフ氏は、「私たちは、大規模な組織、または小規模な組織、両方に向けて、最高の iPBX 技術を提供できる機会を得たことに大変期待しています」と締めくくりました。



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639