クラウドで電話を変える

クラウドで電話を変える

世の中のクラウドについて色々な情報が入ってくる。
各技術毎に異なる流れやビジョンも情報交換をすることが多い。
クラウドの良さもデメリットも。

でも、不思議と競合他社という敵ではあるが、クラウドの市場を作る仲間として、良い意味で切磋琢磨していると感じる。

まだまだクラウドの市場は大きい。

既存の電話システムから、クラウドの電話システムへ大きな変換ポイントにいるので、まずは既存のレガシーが大きな敵ということで一致しているからかもしれない。

共通の意識として、クラウドの中で戦っていても、クラウド電話自体が市民権を獲得しなければいけない、という認識があると思う。

NECのアスパイヤ(Aspire)PBXは、累積の販売台数が30万台になったと発表があった。

もの凄い数だ。

長い歴史と多くのパートナー会社、関係各社がいて、技術革新があって、この数量になったんだと思う。

クラウドのPBXの歴史は始まったばかり。
土台を作り、長く発展するための施策を練って、実行していかなけばいけない。



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639