IP電話の乗っ取り

IP電話の乗っ取り

ここ数日間のテレビ、新聞のニュースで騒がれている「IP電話の乗っ取り」は、ここ数日の事ではありません。IP電話が誕生してざっと10年も経ちます。そのなかで、何度も同じような問題はありました。

特別にIP電話の乗っ取り、がニュースになっていますが、この問題だけではなく、インターネットという世界では、当たり前のように、個人のパソコンの乗っ取りや悪さをする人が組織が絶えません。

今回のニュースもたまたまこの時期に表面化しただけで昔からあった問題です。
昔から根本的には何も変わっていません。

かと言って、クラウドに全てを移せば、安全か、というとそうでもありません。クラウドサービスも万能ではありません。
ですが、世の中の流れが確実にクラウド化への流れに向かっている事は事実です。クラウド化にして、セキュリティを確保する、という考えは当たり前になってきています。

問題は抜けがあちこちとあります。

その抜けを狙ってくる悪者とそれを事後に防ぐ側の攻防が続いています。

なぜ、事後、にしか対応できないのか。
根本的な問題はここです。

そして、抜けを突かれた場合の責任の問題はどこにあるのか。
ここもまだクリアになっていません。

もしかすると、もっと新しい動きが必要なのかもしれません。



お問い合わせ 03 4550 6800