クラウドの未来

クラウドの未来

好むか、好まないか、関係なく、ビジネス環境はクラウドへ移行するだろう。
社内のデータやサーバシステム、などは、ほぼ、大手企業からクラウドへ移行している。

会社の中に大事な情報があることが、リスクであると気がつき始めて、企業では一気にクラウド化へ進んでいる。
電話についてもクラウド化へ少しずつだが進んでいる。

電話番号の発信と着信が、PBXというハード機器に支配されていることが当たり前だったことが、ようやくハードの支配から脱却する事ができるようになった。
これからは少しずつハードは、あくまでも、デバイスとして単なる機器であり、大事な中枢部分の情報は、クラウド上へあげる(預ける)ことが当たり前になってくるだろう。

会社側の管理面から見ても、良いことが多い。

例えば、パソコンの端末が壊れても、盗まれても、中の情報はクラウドにあるので、直ぐに業務に復帰する事ができ、そして安全になった。

本来は、電話番号が会社の顔である以上、万が一、会社に何かあった際に、事業を継続するためにも、ハードの依存から脱却すべきであった。



お問い合わせ 03 4550 6800