Insights

Insights / 13.07.2020

電話の録音機能は決して新しい技術ではありません。証券会社や銀行では昔からディーリングルームの通話を録音していますし、多くの企業のカスタマーサービス部門ではコールセンタースタッフとお客様のやりとりを記録しています。なぜこのような機能が必要なのでしょうか。 金融機関が通話を録音するのは、電話でやりとりした数字に間違いがないかを後からチェックできるようにするためです。コールセンターでは、注文の確認だけでなく、クレームやトラブルの対応事例をスタッフの研修に役立ててサービスの質の向上を目指すのが目的です。どちらも会社にとって非常に重要な記録となります。 日本で最も速いスピードで成長しているクラウド型電話サービスであるAINEOは、今年たくさんの新機能をリリースする予定です。その一環として現在、CIRCLE VR(通話録音)サービスの提供準備を進めており、この度本機能のベータテスト参加企業を募集いたします。 CIRCLE VRは社員と外部のやりとりを記録できる機能で、例えば以下のようなメリットがあります: VR(通話録音)機能の主な利活用法: 取引の確認 顧客心理の把握 部下やチームメンバーのクライアントサービス向上 ビジネスリスクの追跡 チームや顧客のデータ解析 より効率的にビジネスを管理したいとお考えの方は、是非CIRCLE VRをお試しください。ベータテスト参加枠は限られていますので、お申し込みはお早めに。ベータテスト参加枠に残念ながら漏れてしまった場合でも、数週間後には正式公開(GA)予定ですのでご安心ください。既存CIRCLEユーザーの皆様は正式公開後にオプションを追加するだけでご利用を開始いただけます。詳細はこちらからお問い合わせください。 取引先の本音を見抜き、社員のレベルを引き上げ、ビジネスを成長させる新ツール・CIRCLE VRにどうぞご期待ください! ...

Insights, News / 08.06.2020

日本の首都圏の人口は37,393,129人。これだけの人が集まって暮らしている場所ですから、中国の武漢コロナウイルスは人々の生活にも、生活を支える企業活動にも甚大な影響を及ぼしました。大企業は一時的に売上が落ち込んでも次の四半期まで持ちこたえる体力があるかもしれませんが、中小企業は壊滅的な打撃を受けています。特にホテルや小売店、娯楽・エンタテインメントの世界では収入がほとんど絶えてしまった企業も少なくありません。 もちろん安全や健康は大切です。しかしビジネスは頭で勝負するものではないでしょうか。ここでは、六本木にあるスポーツ用品店(六本木の頭文字をとって以下「R」とします)と、丸の内のあるスポーツ用品店「M」を例にとってみてみましょう。 Rはアメリカ系のブランドで、六本木の店舗は出店しているビルのオーナーから臨時休業を言い渡されました。スタッフは一時帰休、それ以外のスタッフも商業施設に入居していない独立店舗に派遣され、六本木店の売上は2か月の間ゼロとなりました。その間の収益はもちろん、まだ取り返せていません。 同じような商品を展開する競合のM社はどうでしょう。こちらはイタリア系のブランドです。入居している丸の内の商業施設は、営業・休業の判断を各テナントに任せました。Mは営業を続ける方を選びました。アウトドアブランドとして、お客様に商品やサービスを届けることを優先したのです。 丸の内は六本木と違い、徒歩圏内に住む住民もほとんどおらず、外出自粛要請下ではむしろ不利な立地でした。しかし営業を続けたことで得られた結果はといえば: 従業員の一時帰休・解雇を一切行わずにすんだ通常通り商品を購入したりサービスを受けることができた顧客にも満足してもらえたビジネスに対する心構えを顧客に伝えられた売上を維持できた(売上は前年比30%増だったようです!) パンデミックは全てのビジネスパーソンに大きな課題を突き付けています。お客様に商品やサービスを提供するためには社員の安全と健康が欠かせません。しかしお客様に商品やサービスを提供しないことにはビジネスは成立しないのです。 企業ブランドというものは日々の小さな決断の積み重ねでできています。丸の内のショップと、六本木のショップと、どちらの判断が正しかったのでしょうか?まだ正解は見えませんが、確実に言えるのは、社員もお客様もハッピーな会社は成功する、ということです。 当社には在宅勤務をサポートするCIRCLEという強力なツールが揃っており正直なところ一生リモートワークを続けても困らないのですが、AINEOでは業界に先駆けてオフィスに社員を戻す決断をしました。なぜなら、当社のパートナー企業の成功なくしてAINEOの成功はないからです。私たちはパートナー企業とそのお客様のパイプ役です。全国各地のデータセンターをしっかりサポートし、どんな状況にもすぐに対応できる態勢を整えておくのが私たちの使命だと考えています。 ...

Insights, News / 02.06.2020

AINEOがテレワーク/在宅勤務を通して学んだこと AINEOでは何年も前からコミュニケーションシステムは全てCIRCLEを使っていますが、昨年10月に令和元年東日本大型台風(Hagibis)が日本を襲ったとき、当社ではBCPの一環としてリモートワークを実験的に取り入れました。この経験を踏まえ、今回は新型コロナウイルスの感染者数が増え始めた3月に100%リモートワークに踏み切りました。 1. CIRCLEは非常にスムーズに機能する その間に学んだことを共有させていただきます。 CIRCLEのモバイルアプリとPCソフトフォンを組み合わせれば、自宅でも会社の回線と番号を使って電話をかけたり受けたりできる必要に応じて電話を転送できる留守番電話もアプリやメールのインボックスに自動送信されるストリームでグループチャットができるタスクリスト機能で小さなチケットも大型プロジェクトも管理できる社員がプレゼンスを更新すれば誰がオンラインか一目でわかる 2. メンバーの長所と短所が浮き彫りになった 人には(会社にも)それぞれのやり方やスタイルがあります。AINEOはチームで動いているので、リモートワークではチームメイトの長所や短所がよく見えました。在宅でも目標を見失わず、成果を追求することが大切です。経営陣やマネージャーはパフォーマンスをどう評価するかを考えるべきでしょう。電話を利用する頻度が多い営業などでは、KPIを管理できるAINEOのダッシュボード機能がおすすめです。集中力できる環境づくりが大切! 3. 集中力できる環境づくりが大切! 自宅だとどうしても仕事とプライベートのけじめが曖昧になります。仕事をする物理的な環境は成果に大きな影響を与えます。しかし家では騒音、子ども、ペットなどなど、コントロールできない要素が多いのが現実です。家では自分のルールを決め、それを徹底することが大事だと思います。詳しくはこちらのブログに書きました。 4. 在宅では整理整頓を(自分なりに) 整理整頓は大事ですが、周りにガジェットやOA機器、書類やコードがたくさんあった方が仕事がはかどるという方もいらっしゃるでしょう。アインシュタインは「散らかった机が頭の中がぐちゃぐちゃな証拠だというなら、一切何もおいていない机は何を示しているのか?」と言っています。発明王エジソンも机が汚かったことで有名です。要はバランスの問題ではないでしょうか。スペースを効果的に使い、最低限でも必要なものをすぐに見つけられる程度の秩序を保ちましょう。 5. 一日はあっという間! 通勤時間がゼロというのは色々な意味で楽です。自分の時間が増えるという大きなメリットもあります。しかしタイムマネジメントに悩む人も少なくないようです。自分の仕事がタスク型なのか、時間に縛られる職種なのかによっても変わってきます。チームリーダーが1日・1週間単位で一人ひとりに十分な量のタスクを割り振り、定期的に進捗を確認するやり方がようようです。 6.対面のコラボレーションやチームワークに勝るものはない 個人でも問題なく仕事はできました。でもブレインストーミングや、新しい計画の実行は遠隔では(対面と比べて)ハードルが高いことがわかりました。1日2回(朝と夕方5時)に皆で顔を合わせるミーティングを行いましたが、毎日2、3件のウェブ会議は too muchだと感じるメンバーもいました。この「ウェブ会議疲れ」はやがて皆が感じるところとなりました。多くの業界で需要が減速し(底は打ったようですが!)、4時間ごとに報告するほどの進展がなかったことも原因の一つだと考えられます。ちなみに、緊急事態宣言の解除を受け、AINEOの社員はオフィスに戻りました!また状況が変わったらいつでも在宅勤務に切り替えられるとわかっているのは大きな安心材料です。 出社されている方も、在宅で仕事をされている方も、CIRCLEにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 ...

Insights / 18.05.2020

ラグビーワールドカップ2019 ラグビーワールドカップに日本中が湧きたっています。一見荒っぽいけれど独特の魅力のあるラグビー。四年に一度の大会のために世界中のチームが日本に集結しています。プロスポーツでいえば日本は野球が有名ですし、アメリカはバスケが人気。ヨーロッパにはサッカーがあります。しかしスピードも持久力もトップクラスのアスリートたちが身体を張って繰り広げる迫力満点の試合は、見る者を虜にせずにおきません。 ビジネスに携わる者として感じたことは、その優れたスポーツマンシップです。フィールドではボールを運ぶために相手チームに激しくぶつかっていくのですが、そのプレイには仁義が感じられるのです。概して、ラグビーの選手たちは強いプロ意識と品位があるように思います。ビジネス・プロフェッショナルとして是非見習いたいのはこの三点です。 反則をしたら、言い訳をせずにペナルティを受ける。その際相手に悪いことをしたら、ピッチを出る前に謝る。対戦相手の悪口を言わない。相手についてポジティブなことが言えないなら、いっそ何も言わない方がよい。 品格のあるコーチは、品格のあるプレイヤーを育てます。ビジネスの世界も同じ。社員や部下は、上に立つ者の鏡だと覚えておくべきです。競争心を持つことは大切ですが、自分がしたことは必ず自分に帰ってきます。間違ったことやずるいことをすべきではありません。人として正しいことを、精いっぱいやるべきだと思います。 ラグビーワールドカップのホスト国を務められて、本当によかった!次のワールドカップを楽しみにしています。4年なんてあっという間のはず! ...

Insights, iPBX Blog / 17.05.2020

運用会社がテレコムシステムに投資会社がテレコムシステムにCIRCLEクラウドシステムを採用 富裕層をターゲットとするこの会社が選んだオフィスは、顧客がアクセスしやすいミッドタウン日比谷エリア。有名ホテルもあるロケーションはステータスや品格も申し分なく、イメージも大切な業種に最適な立地といえるでしょう。実際のオフィスの引っ越しにあたってはケーブリングやインテリアデザイン、家具、照明などたくさんのディテールを詰めなくてはいけませんでした。 中でもテレコムはビジネスに欠かせないツールですから、どのシステムを採用するかは非常に重要な決断です。同社がなぜ最終的にCIRCLEのクラウドプラットフォームに決めたのか、その理由をご紹介します: スケーラビリティ。今後1~2年で営業人員を拡大する計画で、クラウドシステムなら増員に容易に対応できること CIRCLEで割り当てられた市外局番03の電話番号は、今後再びオフィスを移転しても、変えなくていいことCEOがドイツのIP電話機大手Snom社の機器のデザイン、機能性、品質が気に入ったこと。CIRCLEはSnom社の公式販社です。CIRCLEのサービスにはバイリンガルのテクニカルサポートが含まれており、総じてコスト効率が高いと考えられること ...

Insights, News / 13.05.2020

1. 仕事は朝早くから始める オフィスに出社していると、空間・時間を移動する「通勤」というバッファーがあり、電車やバスに乗っている間に自然と「家モード」から「仕事モード」に切り替わるものです。しかし在宅の場合、布団からパソコンまで数歩で移動できてしまい、このスイッチがうまく入りません。 朝なんとなく調子が出ない、という方はまずは早起きをおすすめします。そして朝起きたらすぐにその日のTo-doにとりかかるのです。とにかく始めてしまえば脳が覚醒し、その後がスムーズに進みます。   通勤時間がないからと遅めの朝食を食べてゆっくりしていると、朝のモチベーションがどんどん下がって逃げて行ってしまいますよ。 2.出社するときと同じ「型」を守る 長年の習慣から仕事=会社でするもの、という考えが身体に染みついている方も多いと思います。ならば、テレワーク中もできるだけその「型」を踏襲して、身体を仕事モードに導きましょう。 出社するときは朝どんなルーチンで動いていますか?目覚ましをかける、コーヒーを淹れる/駅に向かう途中でお気に入りのラテをテイクアウトする、きちんと身支度を整える、通勤時間に音楽を聴く、などなど、週末と違う「何か」をするのがコツです。 Google Chromeなどのブラウザでは、複数のアカウントを設定して「プライベート用」「仕事用」など画面上部のツールバーを使い分けられるので、こうした機能も利用するといいですよ。 3.メリハリを意識する 在宅勤務では、自分自身でセルフマネジメントをしなければいけません。時間が決まっている打合せなどがないので一日のメリハリがなくなり、気が散ったりバーンアウトしてしまったりします。その日やるべきことをセグメント化し、時間を配分しましょう。オンラインカレンダーを利用している方はそこにスケジュールを書き込んだり、リマインダーを設定したりすると、だらっとした時間にけじめが生まれます。ツールはGoogle Calendarがおすすめ。 4.SNSを使いづらい環境を作る SNSはすぐ開けて、長時間の閲覧を誘うように設計されています。 これが仕事では大きな問題になることは言うまでもないですね。仕事時間中にアクセスしてしまわないようするには、ブラウザのショートカットから削除したり、アカウントからログアウトするのがよいでしょう。通知はオフが原則です。 5.タイムマネジメント&プロジェクトマネジメントはいつもより余裕をもって 短期・長期のプロジェクトはいつも以上に注意してマネジメントしましょう。どんなときでもプロジェクトは計画通りには進まないものですが、コロナ禍でサプライチェーンに甚大な影響が出ている今は特に慎重に管理すべきです。自分のリードタイムも、取引先のリードタイムもいつもより長めに取っておきましょう。また不可測の事態が起きてもおかしくない状況で無理な納期を押し付けたり、引き受けたりしないようにするのが賢明です。他のメンバーが在宅なのか・在宅に慣れているのか、といった点も考慮すべきでしょう。 但し、自分には厳しく!一日(一週間)の目標は高めに設定します。そうすることで全て達成できなかったとしても、「これとこれが終わった」と充実感をもって一日を終えられるはずです。 6.スケジュールや目標をしっかりたてる スケジューリングは前日に終えておくのがベストです。朝の初動は大切。起きてから「今日は何をしようかなあ」と考え始めるのでは時間のロスになるだけでなく、一日の途中で予定を変更したくなってしまうものです。臨機応変にアジェンダを調整することも大事ですが、やはり「今日はXとYを終える」と決めたらそれにコミットするのが基本。前日に決めておくと、朝起きたときにはなんとなくスケジュールが正式なものに思えて、「やるぞ」という気持ちで取り掛かれます。 7.テクノロジーを使って上手につながろう テレワークでも集中できるという人も、在宅が長期化すると組織や大きなプロジェクトの一員として動いているという感覚が薄れてきてしまいます。チャットやビデオ会議ツールを上手に使って同僚と意見交換をしたりして、自分の仕事がチームにどのように貢献しているのかを確認しましょう。チームやプロジェクトメンバーでTo-doリストを共有したり、ストリームの管理ができるツールもあります。 8.ステイホームにもブレイクは必要! コンビニやスーパーにお使いに行ったり、近所を散歩したりするだけで気分がリフレッシュできます。AINEOではCIRCLEのモバイルアプリを使ってステータスを共有しているので、メンバーのランチ時間に邪魔をしてしまうこともありません。 私はといえば、この間童心に帰ってお昼休みに子供たちとフリスビーやスケボを楽しみました。在宅じゃなかったら考えられないことです。制約は色々ありますが、ポジティブにいきましょう! ...

Insights, News / 08.05.2020

今日はテレワーク初心者の皆さまに、いくつかのコツをご紹介したいと思います! 現状分析→ベストな定位置を確保 「家ではなかなか集中できない」という方は多いのではないでしょうか。まずは部屋のレイアウトを見直してみましょう。家具を少し動かして定位置を作るだけでも気分が変わり、「仕事スイッチ」が入りやすくなります。   また、いくらラップトップがあればいいとはいえ、床やベッドに寝そべっていてできるほど仕事は甘くありません。姿勢が悪いと疲れやすくなるだけでなく、首や腰を痛めますからやはり座って仕事ができる場所を確保すべきです。   そして一番の悩みは騒音でしょう。往来の車やご近所の家、そして子供…。家の中で一番静かな場所、動線から外れる場所はどこですか?我が家では子どもたちがリビングで、私は寝室、という住み分けに落ち着きました。「仕事中は邪魔しちゃいけない」ということがわからない年齢なら、部屋に鍵をつけるのもおすすめです。ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンも、少し高いと感じるかもしれませんが元が取れると思います。 デスク&チェア 自宅にデスクがないという方は、机を置く場所がないかもう一度考えてみてください。集中するにはやはりデスクが一番です。家具の配置を工夫してスペースを作れませんか?場所を決めたら採寸して、アマゾンやニトリ、楽天などで適当な大きさのデスクを探してみましょう。コンピューターを置けて、メモが取れるくらいの大きさがあるのが理想です。 座り心地のいい椅子も重要。うちの近所では、先日水道屋さんがオフィスチェアを粗大ごみに出していたので、一つもらってもいいですかと聞いてみました。ちょっと変な顔をされましたが、ただで譲ってもらえました。布製ではなくビニールレザーのちゃんとした椅子で、コンディションも非常に良好です!聞いてみるものですね!! インターネット 安定した接続を得るには、PCをLANケーブルでルーターに繋ぐのが一番です(速度が確保できるプロバイダと契約して、ちゃんとしたケーブルを使っているという前提ですが)。無線LANでは、電波の強度が弱いとビデオ会議をしたり、VoIPでお客様からの電話を受けたりといった際に音が途切れるなどのトラブルが起きやすくなります。またスマホのテザリング機能を利用している場合、携帯会社が通信スピードを制限する場合もあります。そうすると当然画像・音声の質が落ちるので、取引先などとビデオ会議をする場合は本番前に同僚と接続をテストして、トラブルシューティングをしてから望むのがいいでしょう。 機器・ソフトウェア 会社から支給されたラップトップを利用している方もいれば、プライベートのPCを使っている方もいらっしゃるでしょう。本当は「仕事専用」のマシンがあるのがベストです。セキュリティ対策という意味でも安心ですし、SNSの誘惑もありません。古いPCできちんとOSをアップデートしていない方はセキュリティが脆弱になっている可能性大です。大至急最新版をダウンロードしましょう。古いOSを使っているユーザーは、ハッカーの恰好の餌食になります。 電話・ビデオ会議やチャットにどのプラットホームを利用するのがいいか迷っている方はいらっしゃいませんか?ZOOMが話題になっていますが、セキュリティ対策が甘くトラブルも生じています。通信インフラをひとつにまとめるなら是非 CIRCLE Cloud Communicationsをご検討ください。無料デモ体験もできますので、03-4550-6800までお気軽にお問い合わせください! ———————————————— ...

Insights, News / 08.05.2020

ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社は約40年前からハードウェアやソフトウェアソフトウェア販売や、ITエンジニア人材やヘルプデスクサポートサービスを提供してきた会社です。何千という顧客企業のITニーズを支える同社でも、自社のインフラは後手に回りがち。電話システムは日本で最も忘れられやすいものの一つではないでしょうか。 これについてゲイトウェイは、武漢コロナウィルスが発生する直前に一つの重要な決断を下しました。それまで使っていたNECのPBXに代わり、クラウドベースの新しい電話システムの導入を決めたのです。何年か前に大手米系のテック会社を試したものの、カスタマーサービスに満足できず、クラウドへの移行を取りやめたことがありました。その後ゲイトウェイはある展示会でCIRCLEクラウドコミュニケーションズに出会い、2019年12月にCIRCLEの機能であるボイス・ビデオ・チャットのコミュニケーションシステムを採用したのです。 まさに絶妙のタイミングだったといえるでしょう。CIRCLEクラウドコミュニケーションを導入したゲイトウェイは、武漢コロナウィルスによる市場の大混乱にも速やかに対応できました。今回のように移動が制限される状況では、クラウドには以下のような利点があります: 1.電話システムがクラウド上にあるため、来社してオフィスでコンピューターをメンテナンスする必要がない 2.バックオフィスの社員はシステムにアクセスできる場所ならどこででも作業ができるので、在宅勤務も楽々 3.エンジニアや営業スタッフはモバイルアプリをダウンロードし、Eメールでユーザー認証をするだけで、個人のスマホからでも会社の電話を受けられる 4.以前の電話番号を変更しなくてもよいので取引先への案内が不要。社内での混乱も最小限に抑えることができる 5.以前と同じ電話番号でチャット機能を利用でき、営業・事務・エンジニア部門の連携もスムーズ   ゲイトウェイ・コンピュータの社長の林秀一氏より「最高のタイミングでCIRCLEに移行できた。CIRCLEなら、チームが全国各地に散らばっていてもお客様を切れ目なくサポートできる」とコメントを頂きました。   今注目の在宅勤務ですが、クラウド導入の最大のポイントは「どこにいてもお客様に同じサービスを提供できる」ということでしょう。強力な武器を手にしたゲイトウェイはコロナ収束後もビジネスが大きく羽ばたくはずです。今回の導入に大変ご満足を頂き、ゲイトウェイのお客様にもCIRCLEを推奨してくださっています。詳細はこちらからご覧ください! ITのマネージドサービスをお探しの方は、是非ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社をどうぞ。 ...

Insights, News / 01.05.2020

CIRCLEクラウドコミュニケーションズチームは、最初のロゴ入りIP電話機を日本のマーケットへリリースしたことをご報告いたします。 CIRCLE D735は、そのデザインはさることながら、2色のカラーバリエーションを準備しています – 最先端で、機能性と見た目の両方を満足させる電話機です。 高解像度のカラーディスプレイはご希望の機能を割り当て可能な、8つのマルチカラーファンクションキーに囲まれています。日本語と英語はもちろん、他の多くの言語もサポートしています。 いつも利用されるユーザーにとって役立つ情報としては、モーションセンサーが組み込まれていることです。 - ユーザーの手にディスプレイやファンクションキーがすぐ反応し、スリープ状態のディスプレイがすぐに表示されて、各キーの機能の情報を表示します。このスマートなセンサーはご利用時に、D735の機能の手助けとなります。 もちろん、CIRCLE D735は 現在弊社の電話機の標準となっております、HDオーディオ品質でご利用ができます。この機能は、改良された DSP(デジタル シグナル プロセッサ)により実現されており、バックグラウンドノイズをフィルタリングしたりすることで、リアルタイムで音質を改善します。3者通話も特別な装備がなくても可能です。 PoE機能を持ったギガビットスイッチが組み込まれており、USBハンドセットやデバイスなどのアクセサリーを簡単に接続できるUSBポートも持っています。 コンパクトなオールラウンダーであり、新しく最適化されたファームウェアはユーザーがボタンのタッチにより転送を行なったり、会議電話の開催や電話を一時的にミュートすることもできます。 ...

Insights / 11.03.2020

CIRCLE Cloud Communicationsをご利用いただきありがとうございます。  2020年1月および2月は、CIRCLE、QuickFAX、およびBizMailサービスを有する弊社にとって多忙な日々が続きました。  ご利用中のお客様はもとより、新規申込のお客様からも専門的なお問い合わせを多数いただいております。  内訳は下記の通りです。  Mt Fuji Behind Greater Tokyo 3〜6ヶ月前からクラウド移行ご希望のお客様の申し込み依頼が続いております。 2019年11月に某同業他社プロバイダーが、2020年2月末にサービス終了を告知し、そのうちほぼ全てのお客様が弊社CIRCLEに移行いたしました。 コロナウイルスの懸念は、弊社サービスをご利用中のお客様にも在宅勤務(テレワーク)の必要性を一層加速いたしました。CIRCLEモバイルとソフトフォンは日本において最良の選択と言えるでしょう。  CIRCLEクラウドは、日本で最も柔軟性、信頼性の高いサービスとして誕生しました。  お客様からのご理解をいただきご契約に結び付いております。  弊社の企業文化として聡明さ、素早さ、柔軟性(BQF)を掲げておりますが、ご要望に応えるには大変厳しい状況が続いているのが現状です。  通常は新規申込をされたお客様に対して、ご利用開始の数週間前までに設定調整をいたしますが、昨今の多数のお問い合わせに伴い、ご依頼の日程に対応することが困難になっております。 この状況は3月末までには収束すると予想しておりますが、弊社サポートチームからの回答が遅延することが予想されます。大変恐縮ではございますが、順番に進めておりますのでしばらくお時間をいただけると幸いです。  クラウド移行をご希望のお客様が増加するに伴い、4月からはより制御しやすい環境に移行致します。  日本で最も急成長中のクラウドCIRCLEをご利用いただきありがとうございます。  ...

Insights, News / 28.11.2019

アイネオ株式会社(以下、弊社)は電話回線システムのサポートを20年に渡り提供しており、Alcatel-Lucent, Avaya, NorTel, NEC, Mitel, ShoreTel他、多数のブランド製品を取り扱ってきました。近年、Asteriskを筆頭とするオープンソースPBXやクラウドサービスプロバイダー(CSP)の利用が広まり、マーケットシェアを奪われたPBX製造業者がハードウェア、ソフトウェア部門を閉鎖する動きが広がっています。オープンソースソフトウェアは無料で利用できるため、魅力的なサービスであることは間違いありません。 弊社では、システムインテグレータからクラウドサービスプロバイダへとビジネスを展開する際、LINUXシステム開発に強い弊社チームによるLINUXシステムの導入を検討していました。Asterisk、FreePBX、3CXなどのクラウドプラットフォームを選択することが可能でしたが、導入前のデューデリジェンスにより、それらのプラットフォームでは数千に上るユーザーをサポートするのにさらに35から40名のディベロッパーが必要になると試算されました。そのため、弊社ではオープンソースソフトウェアではなく、Mitel社のTelepoプロットフォームを採用することにより、ユーザーサポートを充実させております。 クラウドサービスプロバイダ(CSP)としてオープンソースPBXを使用するリスク  オープンソースソフトウェアの開発、管理には多くの労力がかかり、エンジニア不足の状況下では、計画に沿った運用ができない可能性があります。 ビジネスを行う上で発見されたソフトウェアのバグやセキュリティホールに対し、責任を持つ者がおりません。 フリーウェアには多数のモバイルアプリ、クライアントソフトウェアの選択肢がある反面、ユーザーの使用する全てのデバイスに対し、ユーザーエクスペリエンスが統一されていない可能性があります。 オープンソースソフトウェアにより構築された大規模なネットワークは、冗長性と拡張性のあるネットワーク構築ではありません。個別のシステムがそれぞれ同じ動作を行い、拡張性に優れないため、多くのハードウェアを必要とします。 正規のサービスプロバイダはフリーウェアの限界を認識しており、フリーウェアを使用しておりません。 Webサーバーの例を用いると、ほとんどのウェブサイトはフリーウェアのLINUXサーバーにより動いておりますが、その多くがcPanael やPleskなど、サポートが充実し、常にアップデートされるミドルウェアを用いて運用しております。「ただより高い物はない」ということわざにあるように、オープンソースソフトウェアは常に悪いとは言いませんが、いずれ相応の対価を払うことになり、ビジネスに耐えうる設計にはなっておりません。コミュニケーションプラットフォームはクライアント間、社員間の連絡をスムーズにする組織の動脈として重要な機能をもつため、弊社では全てのクライアントに対し、導入前にデューデリジェンスを行い、最も適切なプラットフォームを選択するよう推奨しております。 キャリアグレードのCSPを利用する利点  電話機、モバイルアプリ、ソフトフォンそれぞれにおいて一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供できます。 ...

Insights, iPBX Blog, News / 30.10.2019

多くの企業は資金を借り入れて起業したり、一部の企業では融資を受けて成長します(新規株式公開またはIPOを含む)。世の中には従業員の給与を支払う目的のみでお金を借りる会社も存在します。 最近の傾向として、仕事上で会社と銀行は常に行き来しているように見受けられます。 AINEOは長期的事業展開しているため、その方式が異なります。 何か信じるものや信用できるものがあれば、それに対し自らの時間やお金に費やす事でしょう。 AINEOは、2006年に最初のクラウドサービスQuickerWeb.comを開始しました(その後、CIRCLEに統合)。弊社では銀行と良好な関係を保つことが重要であるとの助言を得て、データセンター設立とサーバー購入を目的とした融資を受けました。 思い起こせば多額な投資でしたが、その後新たに融資を受ける必要はありませんでした。 弊社では融資の完済後、新たな借入は受けておりません。 他人からお金を借りるということは、見知らぬ人や銀行など不要なものを通常業務に取り入れてしまう危険性があるのではないでしょうか。  起業から23年目を迎えるAINEOは、音声(電話)、ビデオ、およびチャットを提供する日本で最も成長著しいクラウド・コミュニケーション・ビジネスを展開しております。お客様や会社内のチームと協力してコミュニケーションを取ることができる本サービスをCIRCLEと命名いたしました。CIRCLEは北アジア地区(日本、韓国、中国)において最も堅牢で、冗長な安全なシステムです。デスクフォン、ソフトフォン、モバイルアプリをクラウドに組み込む価値を認識し、事業継続計画 (BCP) の実現を希望する新しいお客様が、毎日CIRCLEに参加し続けています。 AINEOは1997年創業の無借金経営で株式非公開企業です。 弊社20名以上の従業員への給与は、毎月お客様に提供しているサービスから支払われております。東京、名古屋、大阪のデータセンターから数千人のユーザーにサービスを提供しています。過去20年間以上、弊社の主要取引銀行として三菱UFJ銀行にお世話になってきましたが、2018年にりそな銀行に弊社主要取引先銀行として依頼いたしました。創設者のSP Wolfeは、現在も事業に深く関わっております。 CIRCLEプラットフォームについて、テクノロジー、チーム、およびビジネスにおけるパートナークライアントのより良い支援方法などを毎週議論するリーダーシップチームが会社を率いています。 AINEOは、事業を買収しようとしている企業から何度も申し入れを受けておりますが、弊社は事業を売却するのではなく、買収を目指しております。AINEOは他の有望な技術を取得します。 AINEOのリーダーシップチームは、数十万のお客様を支援すべく増強し続けております。AINEOは、CIRCLEを強化するための投資以外に、借金も貸付金も未払いの財務責任はなく、借金も抱えておりません。 良いビジネスの意思決定  日々のビジネスをサポートするために選択したサービスは基本的に変わりません。もし私たちのチームに主要サービスを提供している企業が提供する製品や技術を絶えず変更している場合には、ビジョンが不足していると考えます。  技術の変化に伴い、AINEOはビジネス・コミュニケーションを必要とされるお客様に対し、途切れなく一貫したサポートを提供すべく、妥協を惜しまずに献身して参りました。因果応報の法則にもあるように、人に何かをすると、他人もあなたに手を差し伸べるてくれるということです。企業がこれを理解していれば、どの国の経済も繁栄し続けることでしょう。 弊社従業員一同、CIRCLEでみなさんとお会いすることを楽しみにしております。  お問い合わせはこちらまで。 ...

新規お客様相談窓口 03 4520 8639