Author: Daniel

インサイト / 15.07.2020

AINEOは名古屋を愛しています! 日本の中部エリアは、地元の方でないと商売が難しい場所の1つとして考えられています。しかし、いくつかの非常にスマートな会社が2018年にCIRCLEクラウドコミュニケーションズを理解してくれ、そのユーザーの皆様へ日本で最も成長しているクラウド電話サービスとして紹介してくれました 弊社のセールスパートナー様は成功しております。その結果、元々もっていた電話番号が無くなり、2020年7月11日、弊社のエンジニアが今回環境を増強することになりました。 CIRCLEで、弊社のゴールはお客様が電話、チャットやビデオコールを利用し続けられるよう、豊富なインバウンドとアウトバウンド環境を提供してゆきます。 名古屋チーム、本当に有難うございます!一緒に仕事できることを嬉しく思います。 ...

Insights / 13.07.2020

電話の録音機能は決して新しい技術ではありません。証券会社や銀行では昔からディーリングルームの通話を録音していますし、多くの企業のカスタマーサービス部門ではコールセンタースタッフとお客様のやりとりを記録しています。なぜこのような機能が必要なのでしょうか。 金融機関が通話を録音するのは、電話でやりとりした数字に間違いがないかを後からチェックできるようにするためです。コールセンターでは、注文の確認だけでなく、クレームやトラブルの対応事例をスタッフの研修に役立ててサービスの質の向上を目指すのが目的です。どちらも会社にとって非常に重要な記録となります。 日本で最も速いスピードで成長しているクラウド型電話サービスであるAINEOは、今年たくさんの新機能をリリースする予定です。その一環として現在、CIRCLE VR(通話録音)サービスの提供準備を進めており、この度本機能のベータテスト参加企業を募集いたします。 CIRCLE VRは社員と外部のやりとりを記録できる機能で、例えば以下のようなメリットがあります: VR(通話録音)機能の主な利活用法: 取引の確認 顧客心理の把握 部下やチームメンバーのクライアントサービス向上 ビジネスリスクの追跡 チームや顧客のデータ解析 より効率的にビジネスを管理したいとお考えの方は、是非CIRCLE VRをお試しください。ベータテスト参加枠は限られていますので、お申し込みはお早めに。ベータテスト参加枠に残念ながら漏れてしまった場合でも、数週間後には正式公開(GA)予定ですのでご安心ください。既存CIRCLEユーザーの皆様は正式公開後にオプションを追加するだけでご利用を開始いただけます。詳細はこちらからお問い合わせください。 取引先の本音を見抜き、社員のレベルを引き上げ、ビジネスを成長させる新ツール・CIRCLE VRにどうぞご期待ください! ...

Insights, News, インサイト / 26.06.2020

水泳は苦手、走るのも好きじゃない…という方は、運動不足解消にサイクリングはいかがですか? サイクリングは適度に心拍数を上げられるため有酸素運動として効果的ですし、景色も楽しめる素敵なスポーツです。一口に自転車といっても、様々なタイプがあります。お馴染みの「ママチャリ」はギア(変速機)のないシンプルな自転車で、前にかご、後ろにはキャリアがついています。買い物や近所の移動には最適ですが、サイクリングには不向きです。 Specialized のバイク、 Roubaix Expert UDi2 ママチャリ以外では、オフロード向きのマウンテンバイク、スピード重視のロードバイク(タイヤの細いやつです)、両者の中間的な位置づけのクロスバイク(ハンドルがまっすぐで、フレームがおしゃれだったりします)などがあります。高額ですがトライアスロンバイクや、タイムトライアルバイクのように、競技に特化したものもあります。東京やロンドン、ニューヨークといった大都市ではDahonやドイツの Birdyなどの折り畳みバイクもいいですね(私の一押し Brompton です)。 自転車のメーカーは実にたくさんあり、アメリカのTREKやFelt、上述したイギリスのBrompton(製造も英国です)、カナダのCervelo、イタリアのBianchiに、台湾のGIANT、今はカナダ系のキャノンデール、日本ならブリヂストン(アンカー)やヤマハ、自転車大国オランダ発のメーカーなどなど、どれも個性豊かです。 私は実は大の自転車オタクで、折り畳み自転車とクロスバイクとグラベルロードバイクを持っています。よく見るとフレーム以外のパーツはほとんどがシマノ製です。シマノはブレーキからギア、ペダルまで、あらゆるパーツを(実はフレームも)つくっています。 じゃあシマノの自転車に乗ればいいじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、そうではないんです。自転車はただのパーツの集まりではありません。全てが有機的につながり、一つの生き物のように動きます。その結果、ワークアウトだろうと通勤のための純粋な移動だろうと、いいバイクには「乗り心地」とかその自転車ならではの「個性」のようなものがあります。 こんな私が次買うなら絶対に…と心に決めているのがSpecializedです。 まず日本全国に店舗やディーラーのネットワークがあり、ほぼすべてのカテゴリを扱っていることからもわかるように、日本市場にコミットしていること。それから本格的なライダーはみな、スペシャライズドのハイエンドモデルであるS-Worksのバイクに乗っていること。それだけクオリティが高いということです。更に、スペシャライズドのコンセプトストアでは、バイクを選ぶときに採寸をしてくれます(私たちは、銀座と原宿のストアにお邪魔しました)。スーツと同じように、自転車も用途やサイズが合っていないと快適に乗れない上、よいパフォーマンスが出せないからです。ここまでやってくれるのはスペシャライズドだけです! スペシャライズドは米カルフォルニアのモーガンヒルというところで1974年に設立された会社で、生みの親は現在も社長を務めるマイク・シンヤード(Mark Sinyard)というライダーです。Stump Jumperに代表されるオフロード向けのマウンテンバイクが創業以来の得意分野ですが、最近ではロードバイクもスぺシャ抜きには語れません。ロード、マウンテン、クロス、グラベル、そしてハイエンドのS-Worksラインなど、とにかくクールな自転車をたくさんつくっています。多摩川サイクリングロードを走れば、日本でのスぺシャ人気は一目瞭然です。 そんなスペシャライズドは、ビジネスにも滅法強いってご存じでしたか?スペシャライズド・ジャパンが社内外のやりとりに使っている電話・コミュニケーションシステムは…もちろんCIRCLE Cloud Communicationsです。素晴らしい製品のあるところに、素晴らしい縁の下の力持ちあり。そして今度は縁の下の力持ちが、魅力的なバイクを手に入れたいと夢を見る、この経済の好循環。どのモデルにしようか、真剣に悩んでいます…! スペシャライズドの魅力がおわかりいただけましたでしょうか。最高にカッコいい自転車をお探しの方はSpecializedへ。そして日本で急成長を続けるクラウド型電話サービスをお探しの方は、CIRCLEまでお気軽にお問い合わせください。 ...

Insights, News / 02.06.2020

AINEOがテレワーク/在宅勤務を通して学んだこと AINEOでは何年も前からコミュニケーションシステムは全てCIRCLEを使っていますが、昨年10月に令和元年東日本大型台風(Hagibis)が日本を襲ったとき、当社ではBCPの一環としてリモートワークを実験的に取り入れました。この経験を踏まえ、今回は新型コロナウイルスの感染者数が増え始めた3月に100%リモートワークに踏み切りました。 1. CIRCLEは非常にスムーズに機能する その間に学んだことを共有させていただきます。 CIRCLEのモバイルアプリとPCソフトフォンを組み合わせれば、自宅でも会社の回線と番号を使って電話をかけたり受けたりできる必要に応じて電話を転送できる留守番電話もアプリやメールのインボックスに自動送信されるストリームでグループチャットができるタスクリスト機能で小さなチケットも大型プロジェクトも管理できる社員がプレゼンスを更新すれば誰がオンラインか一目でわかる 2. メンバーの長所と短所が浮き彫りになった 人には(会社にも)それぞれのやり方やスタイルがあります。AINEOはチームで動いているので、リモートワークではチームメイトの長所や短所がよく見えました。在宅でも目標を見失わず、成果を追求することが大切です。経営陣やマネージャーはパフォーマンスをどう評価するかを考えるべきでしょう。電話を利用する頻度が多い営業などでは、KPIを管理できるAINEOのダッシュボード機能がおすすめです。集中力できる環境づくりが大切! 3. 集中力できる環境づくりが大切! 自宅だとどうしても仕事とプライベートのけじめが曖昧になります。仕事をする物理的な環境は成果に大きな影響を与えます。しかし家では騒音、子ども、ペットなどなど、コントロールできない要素が多いのが現実です。家では自分のルールを決め、それを徹底することが大事だと思います。詳しくはこちらのブログに書きました。 4. 在宅では整理整頓を(自分なりに) 整理整頓は大事ですが、周りにガジェットやOA機器、書類やコードがたくさんあった方が仕事がはかどるという方もいらっしゃるでしょう。アインシュタインは「散らかった机が頭の中がぐちゃぐちゃな証拠だというなら、一切何もおいていない机は何を示しているのか?」と言っています。発明王エジソンも机が汚かったことで有名です。要はバランスの問題ではないでしょうか。スペースを効果的に使い、最低限でも必要なものをすぐに見つけられる程度の秩序を保ちましょう。 5. 一日はあっという間! 通勤時間がゼロというのは色々な意味で楽です。自分の時間が増えるという大きなメリットもあります。しかしタイムマネジメントに悩む人も少なくないようです。自分の仕事がタスク型なのか、時間に縛られる職種なのかによっても変わってきます。チームリーダーが1日・1週間単位で一人ひとりに十分な量のタスクを割り振り、定期的に進捗を確認するやり方がようようです。 6.対面のコラボレーションやチームワークに勝るものはない 個人でも問題なく仕事はできました。でもブレインストーミングや、新しい計画の実行は遠隔では(対面と比べて)ハードルが高いことがわかりました。1日2回(朝と夕方5時)に皆で顔を合わせるミーティングを行いましたが、毎日2、3件のウェブ会議は too muchだと感じるメンバーもいました。この「ウェブ会議疲れ」はやがて皆が感じるところとなりました。多くの業界で需要が減速し(底は打ったようですが!)、4時間ごとに報告するほどの進展がなかったことも原因の一つだと考えられます。ちなみに、緊急事態宣言の解除を受け、AINEOの社員はオフィスに戻りました!また状況が変わったらいつでも在宅勤務に切り替えられるとわかっているのは大きな安心材料です。 出社されている方も、在宅で仕事をされている方も、CIRCLEにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 ...

iPBX Blog, News / 22.05.2020

テレワークが急速に広まり、クラウド上でコラボレーションする人が増えた今、ウォーターサーバやコピー機の近くで社員同士が言葉を交わしたり、給湯室で顔を合わせたりすることも減りました。代わりに是非活用したいのがチャットです。社内コミュニケーション促進のために導入している企業も多いのではないかと思います。 市場には様々なチャットサービスがあります。Slackなら「チャネル」という機能がグループチャットに相当します。CIRCLE Cloud Communicationsでは「ストリーム」と呼んでいます。 ストリームを活用するメリット: 参加者を自由に設定できる。プロジェクトや部署、職務などなど、発想次第で色々なグループを作れます。リアルタイムでコラボレーションできる。締切や納期がタイトなときも、すぐにリスポンスが得られます。クリック一つでウェブ会議を始められる。定例会議も急な打ち合わせも簡単です。セキュリティ対策も万全。リモートワークを安全に進められます。Eメールほど堅苦しくないので、軽い会話やちょっとした雑談にも最適。 ストリームのデメリット: 検索には不向き。特にたくさんのプロジェクトやストリームに関わっている場合は、後から欲しい情報を探すのは時間がかかります。常に受信通知が鳴っている状態だと気が散ることも。逆に通知をオフにしたり、「do not disturb」の設定にしたりするとリスポンスに時間がかかる。自制心が必要。手軽にコミュニケーションがとれる分、脱線しすぎたり、変な動画をシェアし合ったり、収拾がつかなくなってしまう場合も。息抜きやつながり感も大事ですが、状況によってはモニタリングやルール決めが必要かもしれません。 このようにデメリットもありますが、ストリームはUC(ユニファイド・コミュニケーション;統合された通信サービス)に含まれるツールの一つです。仕事を効率的に進めるコツは、状況や目的に応じてこうしたツールを使い分けること。例えばEメールは、大事な連絡事項やアップデートには便利ですが、会話のようなコミュニケーションには向いていません。 CIRCLEクラウドのストリームなら以下のようなことができます。上手に活用してチームのポテンシャルを引き出しましょう! タスクリストの管理や仕事の割り当てファイルの共有やコメントカレンダーやOutlook と統合定例会議や単発の打ち合わせのスケジューリングセキュリティ対策済みなので安全にリモートワークができる日英バイリンガルのITサポート ストリームで会社のコラボレーション力をアップしたい経営者様はお気軽にご連絡ください! ...

Insights, iPBX Blog / 17.05.2020

運用会社がテレコムシステムに投資会社がテレコムシステムにCIRCLEクラウドシステムを採用 富裕層をターゲットとするこの会社が選んだオフィスは、顧客がアクセスしやすいミッドタウン日比谷エリア。有名ホテルもあるロケーションはステータスや品格も申し分なく、イメージも大切な業種に最適な立地といえるでしょう。実際のオフィスの引っ越しにあたってはケーブリングやインテリアデザイン、家具、照明などたくさんのディテールを詰めなくてはいけませんでした。 中でもテレコムはビジネスに欠かせないツールですから、どのシステムを採用するかは非常に重要な決断です。同社がなぜ最終的にCIRCLEのクラウドプラットフォームに決めたのか、その理由をご紹介します: スケーラビリティ。今後1~2年で営業人員を拡大する計画で、クラウドシステムなら増員に容易に対応できること CIRCLEで割り当てられた市外局番03の電話番号は、今後再びオフィスを移転しても、変えなくていいことCEOがドイツのIP電話機大手Snom社の機器のデザイン、機能性、品質が気に入ったこと。CIRCLEはSnom社の公式販社です。CIRCLEのサービスにはバイリンガルのテクニカルサポートが含まれており、総じてコスト効率が高いと考えられること ...

iPBX Blog, News, カテゴリーなし / 26.12.2019

謹んで新春の祝詞を申し上げます。 昨年は弊社のCIRCLEクラウドコミュニケーションズ(CIRCLE)をご利用いただき、誠にありがとうございます。弊社サービスがお客様のビジネスに少しでも貢献できましたこと大変光栄に存じます。 おかげさまで昨年は弊社創業以来、一番忙しい年となりました。CIRCLEを利用するユーザーは約2倍となり、新年を迎えるにあたり、より多くのお客様のビジネスを満足にサポートできるよう、さらなるサービス向上に向け、気持ちを新たに取り組んでまいります。CIRCLEを選んでくださったお客様の皆様に心より感謝申し上げます。 さて、弊社では、2020年1月6日9:30より通常営業を再開いたします。 誠に勝手ながら、下記の期間は冬期休業とさせていただきます。お不便をおかけしてしまい申し訳ありませんが、ご了承のほどお願い申し上げます。 皆様の益々のご繁栄をお祈り申し上げますとともに来年も倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 [冬期休業] 12月28日(土) ~ 1月6日(月) ...

iPBX Circle / 23.12.2019

近年、ビジネスにクラウドを導入する企業が増えております。企業が自社運用するサーバや機器は少なくなり、その代用として、グーグルのGスイート及び、マイクロソフトのオフィス365等のサービスを利用する事例が増えて参りました。これらクラウドサービスはどれもビジネスに必要な機能を数多く備える優秀なサービスです。しかし、クラウド化を進めているのはビジネスオペレーションだけではございません。現在、国内の一流企業の多くが、ビジネスを行う上で必要不可欠なツールであるコミュニケーションズサービスをクラウドに移行させております。 今月、国内では大手企業が企業のコミュニケーションツールを高コストであり、アップデートに手間がかかり、いつ製造停止されるか不確定な既存機器の利用から、クラウドシステムに変更するのが目立ちました。東京、大阪、名古屋及び全国10か所のオフィスのコミュニケーションシステムをCIRCLEクラウドコミュニケーションズに移行されました大手企業の事例をご紹介いたします。オフィスのデスクフォン、会議室のコンファレンスフォン、セールス担当者のモバイルアプリ、及び、工場で使用されるDECTコードレスフォンをすべて更新されました。 100年の歴史を持つこのお客様は常に時代のニーズに答え、ビジネス及びテクノロジーを革新させてまいりました。このお客様はハードウェアベンダとのメンテナンス契約を解約し、国内拠点に使用していた過剰な電話回線を整理致しました。 このお客様のご要望は: 自社運用のPBXシステムを廃止余剰な電話を削減内線を通じた国内150名の社員へのコミュニケーションの円滑化 であり、コスト削減とビジネスの保護を弊社のCIRCLEプラットフォームに移行することで容易に達成することができました。これにより、このお客様は従来からの電話番号を使用したまま、利便性を損なうことなく、チームメンバー同士で電話の送受信やチャットを行うことが可能になりました。 企業規模にかかわらず、日本で一番信頼されるCIRCLEクラウドコミュニケーションズを今後ともよろしくお願い申し上げます。 ...

iPBX Circle / 19.12.2019

弊社CIRCLEチームは、弊社の提供するCIRCLEクラウドコミュニケーションサービスが、日本で最も信頼されるクラウド電話サービスとなるよう、日々改善を続けております。弊社では、CIRCLEクラウドサービスを開始するにあたり、以前よりコードレスフォンを導入するための研究を進めて参りました。この過程において、数多くのブランドのコードレスフォンの試験を行ったのですが、弊社サービスで提供できるような製品を見つけることができませんでした。今回ご紹介するSnom M25コードレスクラウドフォンは弊社のサービス水準にマッチする機能を搭載し、導入されたお客様にワイヤレスな通話オプションを提供致します。 現在、さまざまなビジネスにおいてCIRCLEを活用していただいております。 主要商業施設や百貨店に店舗を構える有名ブランド空港、ショッピングモールやその他ポップアップストアに店舗を構えるアウトドア・アスレチックショップ機動力と耐久性のある通信装置を必要とする大規模な工場など 12月より弊社(CIRCLEクラウドコミュニケーションズ運営会社、国内におけるSnom代理店)はM25セクトハンドセットをリリース致します。製品についての詳しい情報はこちらをご覧ください。 CIRCLEクラウドサービスはiPhone及びAndroid端末でご利用になれます。しかし、小売業者やメーカーにおいて、職場でもう一台スマートフォンを持ち運ぶ、及び、個人用のスマートフォンにアプリをインストールするのを躊躇するといった要望がありました。M25はそうしたお客様に向けて最適なワイヤレス通話のサービスを提供します。 CIRCLEのサービスに対するお問い合わせはこちらから ...

インサイト, クラウドPBXのいろは / 11.12.2019

現在、クラウドを使用しない電話回線サービスは過去の物となりました。グーグル、ツイッター、フェイスブック、メルカリ、ヤフー、オイシックス、弥生、その他多くのビジネスがインターネット上のクラウドを使用し、運営されています。国内のクラウド電話システムでもこの構図は変わりません。多くのビジネスがクラウド電話サービスを提供しており、現在使用している電話番号を残し、価格その他の条件で複数のサービスを比べることが可能となりました。 国内では、数多くの企業がオープンソース及び、フリーウェアを使用したクラウド電話サービスを提供しております。日々、新しいサービスが発表されておりますが、このトレンドがいつまで続くか、疑問が残ります。 弊社CIRCLEチームはクライアントの電話システム(PBX)をクラウド上に移行することで多くの実績を上げてまいりました。最近では、その他のクラウドPBXサービスから移行されるお客様も増加し、毎月、数百に及ぶお客様のシステム移行をさせていただいております。 CIRCLEへの切り替えを検討する時期 現在使用中のプロバイダがサービスを終了または、変更したとき。現在使用中のアプリに不具合が多いとき。現在使用中のプロバイダのウェブサイトが長い間、更新されていないとき。現在使用中のアプリがモバイル、ソフトフォン、及び、デスクトップフォンでチャット、音声、ビデオの同期を行わないとき。 これらの条件に当てはまるお客様は、将来、発生するトラブルに対処するのではなく、トラブルの発生するリスクを抑えるためにも、日本で最も信頼されているクラウド電話サービスであるCIRCLEに乗り換えをおすすめします。 CIRCLEチームへのお問い合わせは03-4550-6800 または、こちらまでお願い申し上げます。 ...

カテゴリーなし / 05.12.2019

平素より格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。 弊社では、日本で最も信頼されている通話、ビデオ通話、及びチャットに対応するクラウドサービスを維持するため、システムを常に監視しております。 この度、アイネオ株式会社、及び、テクニカルサポートは12月1日より営業時間を以下の通り変更いたしました。 月~金 9:30~18:30  (日曜日、祝日は定休日となります。) ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくお問合せください。 ...

iPBX Blog, News / 18.10.2019

お客様へ大切なお知らせ 平素よりCIRCLE(旧称:iPBX Hosting)をご利用頂きありがとうございます。 来る2019年11月に大規模なプラットフォームのバージョンアップを予定しております。 大変恐縮ではございますが、予定日時の詳細は下記リンクをご確認の上、貴社内にてご周知頂けますと幸甚です。 こちらが詳細のリンク [LINK] でございます。 お客様にはご迷惑をおかけしますが、引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。 敬具 ...

新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639