Author: Editor6

Insights, News / 02.06.2020

AINEOがテレワーク/在宅勤務を通して学んだこと AINEOでは何年も前からコミュニケーションシステムは全てCIRCLEを使っていますが、昨年10月に令和元年東日本大型台風(Hagibis)が日本を襲ったとき、当社ではBCPの一環としてリモートワークを実験的に取り入れました。この経験を踏まえ、今回は新型コロナウイルスの感染者数が増え始めた3月に100%リモートワークに踏み切りました。 1. CIRCLEは非常にスムーズに機能する その間に学んだことを共有させていただきます。 CIRCLEのモバイルアプリとPCソフトフォンを組み合わせれば、自宅でも会社の回線と番号を使って電話をかけたり受けたりできる必要に応じて電話を転送できる留守番電話もアプリやメールのインボックスに自動送信されるストリームでグループチャットができるタスクリスト機能で小さなチケットも大型プロジェクトも管理できる社員がプレゼンスを更新すれば誰がオンラインか一目でわかる 2. メンバーの長所と短所が浮き彫りになった 人には(会社にも)それぞれのやり方やスタイルがあります。AINEOはチームで動いているので、リモートワークではチームメイトの長所や短所がよく見えました。在宅でも目標を見失わず、成果を追求することが大切です。経営陣やマネージャーはパフォーマンスをどう評価するかを考えるべきでしょう。電話を利用する頻度が多い営業などでは、KPIを管理できるAINEOのダッシュボード機能がおすすめです。集中力できる環境づくりが大切! 3. 集中力できる環境づくりが大切! 自宅だとどうしても仕事とプライベートのけじめが曖昧になります。仕事をする物理的な環境は成果に大きな影響を与えます。しかし家では騒音、子ども、ペットなどなど、コントロールできない要素が多いのが現実です。家では自分のルールを決め、それを徹底することが大事だと思います。詳しくはこちらのブログに書きました。 4. 在宅では整理整頓を(自分なりに) 整理整頓は大事ですが、周りにガジェットやOA機器、書類やコードがたくさんあった方が仕事がはかどるという方もいらっしゃるでしょう。アインシュタインは「散らかった机が頭の中がぐちゃぐちゃな証拠だというなら、一切何もおいていない机は何を示しているのか?」と言っています。発明王エジソンも机が汚かったことで有名です。要はバランスの問題ではないでしょうか。スペースを効果的に使い、最低限でも必要なものをすぐに見つけられる程度の秩序を保ちましょう。 5. 一日はあっという間! 通勤時間がゼロというのは色々な意味で楽です。自分の時間が増えるという大きなメリットもあります。しかしタイムマネジメントに悩む人も少なくないようです。自分の仕事がタスク型なのか、時間に縛られる職種なのかによっても変わってきます。チームリーダーが1日・1週間単位で一人ひとりに十分な量のタスクを割り振り、定期的に進捗を確認するやり方がようようです。 6.対面のコラボレーションやチームワークに勝るものはない 個人でも問題なく仕事はできました。でもブレインストーミングや、新しい計画の実行は遠隔では(対面と比べて)ハードルが高いことがわかりました。1日2回(朝と夕方5時)に皆で顔を合わせるミーティングを行いましたが、毎日2、3件のウェブ会議は too muchだと感じるメンバーもいました。この「ウェブ会議疲れ」はやがて皆が感じるところとなりました。多くの業界で需要が減速し(底は打ったようですが!)、4時間ごとに報告するほどの進展がなかったことも原因の一つだと考えられます。ちなみに、緊急事態宣言の解除を受け、AINEOの社員はオフィスに戻りました!また状況が変わったらいつでも在宅勤務に切り替えられるとわかっているのは大きな安心材料です。 出社されている方も、在宅で仕事をされている方も、CIRCLEにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 ...

iPBX Blog, News / 22.05.2020

テレワークが急速に広まり、クラウド上でコラボレーションする人が増えた今、ウォーターサーバやコピー機の近くで社員同士が言葉を交わしたり、給湯室で顔を合わせたりすることも減りました。代わりに是非活用したいのがチャットです。社内コミュニケーション促進のために導入している企業も多いのではないかと思います。 市場には様々なチャットサービスがあります。Slackなら「チャネル」という機能がグループチャットに相当します。CIRCLE Cloud Communicationsでは「ストリーム」と呼んでいます。 ストリームを活用するメリット: 参加者を自由に設定できる。プロジェクトや部署、職務などなど、発想次第で色々なグループを作れます。リアルタイムでコラボレーションできる。締切や納期がタイトなときも、すぐにリスポンスが得られます。クリック一つでウェブ会議を始められる。定例会議も急な打ち合わせも簡単です。セキュリティ対策も万全。リモートワークを安全に進められます。Eメールほど堅苦しくないので、軽い会話やちょっとした雑談にも最適。 ストリームのデメリット: 検索には不向き。特にたくさんのプロジェクトやストリームに関わっている場合は、後から欲しい情報を探すのは時間がかかります。常に受信通知が鳴っている状態だと気が散ることも。逆に通知をオフにしたり、「do not disturb」の設定にしたりするとリスポンスに時間がかかる。自制心が必要。手軽にコミュニケーションがとれる分、脱線しすぎたり、変な動画をシェアし合ったり、収拾がつかなくなってしまう場合も。息抜きやつながり感も大事ですが、状況によってはモニタリングやルール決めが必要かもしれません。 このようにデメリットもありますが、ストリームはUC(ユニファイド・コミュニケーション;統合された通信サービス)に含まれるツールの一つです。仕事を効率的に進めるコツは、状況や目的に応じてこうしたツールを使い分けること。例えばEメールは、大事な連絡事項やアップデートには便利ですが、会話のようなコミュニケーションには向いていません。 CIRCLEクラウドのストリームなら以下のようなことができます。上手に活用してチームのポテンシャルを引き出しましょう! タスクリストの管理や仕事の割り当てファイルの共有やコメントカレンダーやOutlook と統合定例会議や単発の打ち合わせのスケジューリングセキュリティ対策済みなので安全にリモートワークができる日英バイリンガルのITサポート ストリームで会社のコラボレーション力をアップしたい経営者様はお気軽にご連絡ください! ...

Insights, iPBX Blog / 17.05.2020

運用会社がテレコムシステムに投資会社がテレコムシステムにCIRCLEクラウドシステムを採用 富裕層をターゲットとするこの会社が選んだオフィスは、顧客がアクセスしやすいミッドタウン日比谷エリア。有名ホテルもあるロケーションはステータスや品格も申し分なく、イメージも大切な業種に最適な立地といえるでしょう。実際のオフィスの引っ越しにあたってはケーブリングやインテリアデザイン、家具、照明などたくさんのディテールを詰めなくてはいけませんでした。 中でもテレコムはビジネスに欠かせないツールですから、どのシステムを採用するかは非常に重要な決断です。同社がなぜ最終的にCIRCLEのクラウドプラットフォームに決めたのか、その理由をご紹介します: スケーラビリティ。今後1~2年で営業人員を拡大する計画で、クラウドシステムなら増員に容易に対応できること CIRCLEで割り当てられた市外局番03の電話番号は、今後再びオフィスを移転しても、変えなくていいことCEOがドイツのIP電話機大手Snom社の機器のデザイン、機能性、品質が気に入ったこと。CIRCLEはSnom社の公式販社です。CIRCLEのサービスにはバイリンガルのテクニカルサポートが含まれており、総じてコスト効率が高いと考えられること ...

iPBX Blog, News / 18.10.2019

お客様へ大切なお知らせ 平素よりCIRCLE(旧称:iPBX Hosting)をご利用頂きありがとうございます。 来る2019年11月に大規模なプラットフォームのバージョンアップを予定しております。 大変恐縮ではございますが、予定日時の詳細は下記リンクをご確認の上、貴社内にてご周知頂けますと幸甚です。 こちらが詳細のリンク [LINK] でございます。 お客様にはご迷惑をおかけしますが、引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。 敬具 ...

News / 09.10.2019

日本で最も信頼性の高いクラウドコミュニケーションVoIPサービスiPBX HostingがCIRCLEに名称変更  IPBX Hostingは、実機電話を接続するインターネットベースのクラウドサービスとして2012年に誕生しました。  その後、AINEOのチームはiPhoneとAndroid用のアプリを開発しました。2016年12月、AINEOはMacおよびWindows用のソフトフォンを発表しました。 これにより、モバイルアプリ、ソフトフォン、およびハードウェア電話間で連絡先と通話データが同期可能な動作環境を実現し “iPBX Circle” と名付けました。 AINEOは革新を続け、2019年11月にiPBX Hostingは ”CIRCLE” に生まれ変わります。  CIRCLE命名の理由: 多くの古代文明と同様に、”CIRCLE” 「円」は均一性と完全性を表していると考えております。 それは再生と変化の周期をも表しており、弊社では動作環境を向上すべく、常に尽力いたしております。  技術的な観点から、Circleは音声、ビデオ、チャット、ドキュメント共有、その他協調機能を一元化しております。 そして、不正な目的でデータ取得することなく、キャリアグレード品質とセキュリティで実行します。 さらに、クラウドベースのサービスとして音声録音サービスを開始します。  2019年11月1日から、すべてのiPBX Hostingモバイルアプリ、ソフトフォン、および製品がCircleになります。 日本周辺に数多くのデータセンターを有している Circleは、北アジアで最も信頼性の高いコミュニケーション・クラウドです。  平素よりCircle Communicationsをご利用いただきありがとうございます。  ...

News, インサイト / 07.10.2019

日本全国規模の機能改善に伴う名称変更で、より良いコミュニケーションを実現  1997年以来、お客様のチームやお取引先の組織をつないでおります。 2012年に、クラウド・ベースのビジネス電話システムの最初のバージョンを発表し、iPBX Hosting.comと名付けました。  日本国内で何千もの企業がクラウドに移行し、電話、チャット、ビデオ、ドキュメントの共有を通して情報伝達や共有方法の改善に伴い、弊社のサービスは拡大成長を続けております。  来る2019年10月、iPBX Hostingの機能を向上いたします。弊社のネットワークを全国規模で完全に刷新し、お客様により多くの機能を提供いたします。デザイン変更のみではなく、通話録音も可能になります。この機能は多くの企業にとって必要不可欠条件であるため、弊社ではこの要求を満たすべく動作環境に対して投資を続けておりました。  そして、iPBX Hosting を、音声、ビデオ、およびチャットを包括する名称に変更し、iPBX Hosting は CIRCLEになることをお知らせします。  日本では、更なるCircle Cloud Communications動作環境の更新を予定しております。  日本で最も急速に成長している弊社クラウド・コミュニケーションを信頼いただいているお客様に厚く御礼申し上げます。 ご愛顧いただいているお客様には引き続き貴社の事業の改善と効率化を助長する革新をご覧いただけると存じます。  一度クラウドを体験すると、それを超えるものにお目にかかることはないと自負しております。  ...

iPBX Blog, 今日のクラウド / 02.10.2019

事務所移転に関する8つのヒント  事務所のや移転やご自宅の引越は面倒な作業です。 職場では引越経験のない方が事務所移転担当を任されることは決してまれなことではありません。 加えて、資金繰りを必要とする中小企業にとって、業務以外作業は経費costの無駄とみなされます。  様々な要素が絡んでうまくいかないことが多々あります。 事務所移転が予定通りに予算内で収まる8つのヒントをご紹介します。  経験豊富な不動産業者を探す  知人から以前利用した不動産会社で良心的な業者を紹介してもらいましょう。  もしくは経験豊富な業者を探し、あなたの希望と予算を伝えましょう。 彼らのサービスの質を正確に査定し、回答が遅いなど確認事項に対するメール返信がない場合は、他の業者を探しましょう。 不動産業者を質問責めにすることに対し、恐れる必要はありません。 担当者がどのくらい地元に馴染んでいるか、建物や他のテナントを熟知しているかなどを確認しましょう。 決定権のある担当者が、物件を確認する余裕がない場合があります。 その際は、物件の簡単な一覧表を作成し、長所と短所を地域担当責任者に説明しましょう。  移転の責任者を探す  無事にあなたの条件を満たす良心的な物件に出会い、移転作業へ向かって一歩前進しましたね。 事務所の移転で忘れてはならないことは、1日を無駄にすることで数千ドルの損失に換算される場合があります。 適正評価(デューデリジェンス)を行い、予算、締め切りなど記録が得意でやる気のある人を探しましょう。 これが移転を円滑に進める最重要事項です。  適切な情報を入手する  プロジェクトリーダーにマーケティング、人事、ITなどの部署からの情報を提供しましょう。  これにより、ビジネスの必要性を判断しながら重要な人から適切な情報を得ることができます。 プロジェクトの初期段階で適切な人材を確保することにより、誰かが間違った判断を下す危険性を軽減することができます。 部の責任者に意見を聞くことにより、必要とされる事務所のデザイン、レイアウト、機器、家具を確認することができます。  IT機器やサーバーを移転するにはコミュニケーションが重要で、移転の際に何を必要とするかを把握することが大切です。既に減価償却が終わっている機器、もしくはサポート期間終了間近の古い機器は交換の時期と判断する良い機会になるでしょう。  電話の必要性ですが、旧世代の交換機や制御装置の廃棄を見込んだ年契約の保守点検契約への移行とホスト化されたクラウド・プラットフォーム を検討しましょう。 運用費用が劇的に削減 drastically reduce your OpEx できるだけでなく、  貴社ITチームはPBXを切断して再設定するわずらわしさから解放され、新しいネットワークを迅速に稼働することが可能になります。  見積もりを数社依頼する   移転において何が必要かを把握したら、専門のサービスの利用を考慮に入れましょう。 設計事務所 や家具調達会社と契約するのも一考です。 言うまでもなく、経験豊富な事務所撤去サービス(片付け代行)会社やIT移転の専門家を含めるべきでしょう。  見積もりはそれぞれの分野で複数の会社に依頼しましょう。 片付け代行会社については、どのような付加サービスがあるかを確認しましょう。 良心的な会社はIT移転会社と提携していたり、社内で専門家を雇っている場合もあります。 貴社の移転プロジェクト担当に助言してくれることでしょう。  以前のお得意様からおすすめ情報をいただく  数社から見積もりを入手し、価格が類似して、どの業者も信頼できるプロ集団の場合、選択に悩むことと思います。     Googleやyelp など、評判サイトの記事を読む  会社のホームページで事例や利用者からの評判を確認する。 貴社の条件に類似する利用者の連絡先を入手する。 良心的な会社では躊躇することなく連絡先を提供し、その情報は貴社に安心感をもたらすことでしょう。  夜間引越  移転の時期が迫ると、交通渋滞、新しい建物の入場制限、使用中のエレベーターやエスカレーター、駐車場の使用制限など動きが鈍化する要因が多数発生します。 これらの数値は予想よりも移転に時間がかかり、時間と予算を超えてしまう可能性があります。  これらを回避する最も簡単な方法は、移転先の建物で夜間の出入り可能であれば、契約先の片付け代行業者に引越を一晩で依頼することです。 障害対象が少ない分、引越が早く済みます。 貴社が行うことは、翌朝移転先で全ての物が移動済みで、段ボール箱が開梱済みの事務所の扉を開けることです。  これにより、潜在的なビジネスの混乱を最小限に抑えることができます。   移転前にラベルを貼る  勤務時間中に従業員が梱包に時間を費やすことは好ましいことではありません。 移転前にすべての物にラベルを貼れば、引越業者の手間をわずらわすことはありません。 移転後、ファイル、書類、モニター、文具用品、椅子など全ての物を正しい場所に配置してもらえます。   お客様に移転の告知をする   最初にお客様からの連絡に備えて、全てのお客様に移転をすることを知らせましょう。   これは顧客サービスの常識です。 会社のブログやFacebook (FB page)など 会社のSNSを更新して、移転を告知しましょう。  事務所の移転は市場戦略や高額商品販売戦略に応用できます。  かつてお付き合いのあったお客様や、しばらく連絡が途絶えているお客様に連絡する良いきっかけになります。 謙虚に会社の事業が拡大していることをお知らせしましょう。 お知らせと言っても、誇張する必要はなく、今回限りの移転祝いとして特別割引などを提供するのも良いでしょう。 お客様に貴社の移転先を認識いただくために、簡単な軽食パーティー (event) を開催するのも一考です。 これはお客様が移転先を確認することができる絶好の機会になります。  これらのヒントがあらゆる落とし穴を避けて、経費削減と移転の混乱を避けるきっかけになれたらと思います。  理想的に、ビジネスの販売促進に変えて売り上げを伸ばすことができます。  ...

iPBX Blog, News, 今日のクラウド / 18.09.2019

BCPプランが日本で必要な理由:台風、地震などの自然災害と公共交通機関について   東京、大阪、名古屋などの日本の大都市もしくは福岡など政令指定都市などで働いているならば、職場で事業継続計画 (BCP: Business Continuity Plan) を準備する必要があります。  BCP とは緊急時に何を行うべきかを事前に理解することを指します。 緊急事態が発生した際に、公共交通機関は毎日利用する一つの路線に数十万人の乗客が殺到し、限界を超えてしまいます。  BCP計画は近い将来起こりうる壊滅的大地震や津波を想像しがちですが、それだけではありません。 勤務先で事前にBCP計画を行う最大の恩恵は、非常時においても職場の同僚が安心して物事に対処することができるようになります。   先日、東京では大型で強い勢力を保った台風の被害に見舞われ、列車の運行に大打撃を与えました。 乗客はいつ電車が到着するのか、乗車を待ちわびた人々で大混雑し、電車が立ち往生しているかなど、知る由もありませんでした。  AINEOでは、東京在住のチームが社内グループチャットで連絡を取り合いました。 このグループチャットはVoIP電話サービスに統合された安全なシステムで、数多くのお客様にご愛顧いただいております。 チャットを介して台風の影響で被害を被った地域に在住の従業員には自宅勤務を促しました。一方で東京在住の従業員は無事に弊社の東京拠点に出勤することができました。  多くの企業で携帯電話やSNSアプリを活用の動きがありますが、実は会社情報流出の危険が伴います。 iPBX Circle を利用することにより、弊社では災害時でも業務中断することなく、チームや個人間で連絡を取り合うことを実現しました。  事業継続計画が必要な理由:  悪天候、テロ攻撃、更にはオリンピック開催時においても対策方法を事前に把握できる。 災害時などで麻痺した公共交通機関を使わずに、場所を問わず安全なシステムを用いての仕事が可能。 時間を無駄にすることなく、お客様へのサービス継続を中止ことなく、場所の指定有無を問わず仕事を継続することが可能。  ウェブメールや携帯電話の利用以上の成果が期待できます。  勤務先の経営陣にBCPを検討することを提案してみませんか?  BCPを業務に取り入れるには、まずあなたのコミュニケーション・システムから始めましょう。  大切な方やお客様の連絡を途絶えないようにるには、Circle までご連絡ください。  東京 :03-4550-6800  大阪:06-4560-2600  問い合わせ  ...

News, インサイト / 19.06.2019

この度iPBXHostingでは日本の市街局番だけでなく、国際番号の取扱いも計画しております。  現在US番号(1)のベータテストを実施しており、弊社のソフトフォンおよびモバイルアプリでの動作検証が完了しだい、正式にサービスをご提供できる見込みです。  御社社員が海外出張、および海外赴任などで海外へ駐在・長期出張される際、日本で契約された電話で日本の番号のままご利用になるケースは少ないと思われ、ほとんどのケースで「解約して、現地法人に新規で電話を手配してもらう」形になるかと思います。  その場合、解約、現地での手配といった手間もかかる上、2年間の契約縛りがある場合は余計な解約違約金がかかってしまいます。  iPBXでの申込時に海外の番号をご利用として申し込んで頂ければ、自動的に海外番号をアサインさせて頂き、現地のWifiさえ申し込んで頂ければ、日本で利用していた携帯電話をそのまま海外でもご利用頂けます。(あるいはデータ専用SIMをお使い頂くことで通信料金を節約することも可能です。  ※高速通信できるSIMカードを選択下さい)  また海外からの通話で今まで多く見られるのが、海外から電話をかけた時に「発信者不明」と表示されたりするケースです。この場合電話を取る人は迷惑電話だと感じてしまい、もし大事なビジネスパートナー様に電話する際にこのようなことが起きると一大事です。  iPBXではこの問題に対応し、いつどこからかけてもご利用の番号を相手先に通知でき、先方への信頼を損ないません。  その他、iPBXでUS番号をお使い頂くメリットは下記のとおりです。  ・ご要望に応じて日本の市外局番をあわせてお使い頂くことが出来ます。(発信者番号切替や、日本にいるときは日本の番号、海外のときは海外番号と使い分けることも可能です。)  ・現地社員の方の手を煩わせることなく、海外番号が利用できる携帯電話が利用可能となります。  サービスの提供の準備が整い次第、追ってご報告させて頂きます。 IPBX Hosting  親会社:アイネオ株式会社 ...

Insights, News / 14.06.2019

平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 弊社では、2019年9月1日をもちまして、環境保全活動の一環としてペーパーレス化を進めるべく、紙媒体の郵送物の発行を完全に停止し、電子媒体での発行へと切り替えさせていただきます。 現在、弊社サービスをご利用されているお客様へは、引き続き、電子媒体での請求書を送付致します。 紙媒体での請求書のお受け取りをご希望のお客様は、毎月200円の追加料金を頂戴いたします。 ペーパーレス化へのご理解とご協力を、心より感謝申し上げます。 ...

お問い合わせ 03 4550 6800