AspireとクラウドPBX

AspireとクラウドPBX

NEC製のオフィスコミュニケーションゲートウェイ Aspire(アスパイヤ)はとても人気がありました。

とても高価な製品です。
しかしハード機種には製品寿命があります。
保守メンテナンスが必要です。

メーカとして部品の交換、保守をいつまで保証しますよ、という時期もあります。

たとえば、Aspire/AspireS シリーズ、Dtern85 シリーズについては、

増設対応終了時期が、去年の2014年9月末までで、修理の対応の終了時期が、今年の2015年9月30日です。

つまり、9月30日以降、もし万が一、壊れても、修理の対応ができません、という時期です。

もちろん、時期に期限があっても、急に壊れたり、動かないという事はありませんが、相当古い製品であれば、何がある分かりませんので、企業として、多くの社員やお客様を抱える会社としては、あまり気持ち良いことでありません。

まぁメーカーがこういうことを言っても、実際には多くの修理対応業者がいて、どこかに部品があるわけで、そんなに大慌てする問題はありません。

ですが、このまま、ずっとPBX(電話交換機)を使い続けるのですか?

というきっかけになるので、新しいPBXの見積もりをどちらから見積もりを取るのなら、一度、弊社のクラウドPBXサービスの検討をしませんか?

すぐにお見積もりをご提出します。


Contact-s



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639