AppleのAirPodワイアレスイアフォンの使い心地はどうですか?

AppleのAirPodワイアレスイアフォンの使い心地はどうですか?

AppleのAirPodワイアレスイアフォンの使い心地はどうですか?

もしご利用のスマートフォンが iPhone ならば AirPods で自動ペアリング機能やダブルタップでの Siri 起動後に音量変更などを iPhone でご利用いただけます。これによって iPhone はパワフルな PC であり、高度な技術がポケットに入っていると気づかれるでしょう。iPBX ホスティングでは、デスクトップ電話や、クラウド越しのカスタマーサービスを提供し、iOS デバイスや Android において多くの機能をご利用いただけます。ビジネスシーンにおいて多くのお客様が選択するスマートフォンは iOS デバイスを選択されており、Android はやや少数派となります。iPhone は他のスマートフォン同様にコード式のイヤフォンが付属しており、開始・停止が可能で音量調整が可能です。
なお Android と AirPods の組み合わせでも Bluetooth イヤフォンとマイクとしてご利用可能ですが、自動ペアリング機能やダブルタップでの OK Google 起動は使用できません。

一部のユーザーは標準付属のイヤフォンを長く利用されるかもしれませんが、一般的に失くしたり、壊れてしまったり複数のイヤフォンを利用されることでしょう。弊社では Apple、Plantronics、Sennheiser、Jabra など様々なタイプのイヤフォンのテストを行い、これらのイアフォンは標準付属イヤフォン以上の音質は確認されますが、Bluetooth ワイアレスイアフォンを通話に使用してみると、一般的にはトイレで通話しているような状況が見られるなど、あまり音声品質が良くありませんでした。

Apple は Beats ヘッドフォンブランドを買収しましたが、それまで Apple は音声品質の高いヘッドフォンメーカーではありませんでした。近年は世界でも最も価値のある会社として株式市場では認識されているにも関わらず、それまでは低品質な製品を作っていました。また Apple Watch は平凡な製品で大ヒットはしませんでした。また最近の MacBook Pro も買い替えを待っていたプロジェッショナルたちには平均点以下の評価と認識されてしまいました。Mac OS、iMovie など Apple の多くの重要なソフトウェアについても Microsoft に追従するかのように肥大化しバグが見られました。やや値段の高い AirPods はどうなのでしょう?良いところはあるのでしょうか?

その答えは YES となります! AirPods はかつての Apple のような革新的技術が見られます。イアフォンのスピーカー部分を耳に装着すると、Apple は標準イヤフォンから単なるコードを省いた製品を作ったように見えますが、少し値の張るこの小さなワイアレスイアフォンにおいては、スピーカー、マイク、そして素晴らしい音声圧縮技術を持っています。

このワイアレス イアフォンはデンタルフロスケース程の大きさの箱に収納し充電を行います。週に一度か二度 Apple の Lightning ケーブルに接続して充電します。ご利用の iPhone 6、iPhone 7 からワイアレスで音楽のストリーム再生をご利用できます。(iPhone 5 では未テストとなります。)
このイアフォンを用いて通話すると、頭の隣に電話をつけたようなクリアな音がします。AirPods と iPBX ホスティング App を一緒に利用すると素晴らしい結果が得られました。全てのコラボレーション機能をワイアレスで快適な音質で使うことが出来るため、もうヘッドセットも必要ありません。

もしあなたが革新的な方であれば、すでに iPBX Circle をご利用か、導入を検討されているかもしれません。AirPods は安くはありませんが、絶対にその価値はあります。もし人混みのような密集したところであっても、あなたの声を拾って他の音を遮断するように、驚くほどの結果となりました。Apple のグッジョブ!

少々注意が必要な箇所をあげると、Siri の音声ボリュームの変更方法は少しおかしなところもありますが、Apple は素晴らしい製品を作ったと言えます。そして、ついに Apple はユーザー全てにワイアレス環境を実現するために iPhone 7 においてはイヤフォンジャックさえ取り去ってしまいました。また iPhone は Apple の収益を牽引しているため、AirPods も今後機能や品質が上がっていくと見られます。しかしワイアレスは必ずしも信頼できない場合もあり、 オーディオ ジャック アダプターを持ち歩くのは面倒なので、私たちはオーディオジャックの復活を望んでいます。



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639