レガシーPBXの良い点

レガシーPBXの良い点

レガシーのPBXやビジネスフォンにも、たくさんの良い点がある。
もちろん、100年に渡り、日本独自の文化で発展してきた歴史もある。
世界的に見ても、PBXの機能が600近くもあるという機種は珍しい。
日本のオフィスの働き方の独特のルールも関係している。

例えば、会社の代表電話を取る役割の事務のスタッフがいる、というのも珍しいことだ。

海外のオフィス事情では、原則として、ダイヤルインの直通電話が基本としている。
名刺にも代表の番号の記載はなく、ダイヤルインだけの記載の場合もある。
それぞれの電話機器には、番号毎にコール音を変えることができる音源ももともと付いていたりする。
海外製品のSIP電話器には音の鳴らし方は一つのパターンで、ピッチ(間隔)を変えることで、聞こえ方を変える仕組みがほとんどだ。

などなど、あげたらきりがないくらい、たくさんの特有の機能がレガシーのPBXにはある。

ただ、結果として、使っているビジネスフォンの機能はほとんど少なく、無駄な機能も多い。

スマートフォンと同じ、ガラパゴス化が進んでいるのも日本のメーカの競争が国内を前提としているからだと思う。

価格面でも機能面でも他の様々なソフトやサービスとの連携を見ても、クラウドPBXの良い点が多いと思う。

ということでお問い合わせはこちらから。



新規お客様相談窓口 ハローサンキュー 03 4520 8639