無借金経営 – アイネオ株式会社の場合

無借金経営 – アイネオ株式会社の場合

多くの企業は資金を借り入れて起業したり、一部の企業では融資を受けて成長します(新規株式公開またはIPOを含む)。世の中には従業員の給与を支払う目的のみでお金を借りる会社も存在します。 最近の傾向として、仕事上で会社と銀行は常に行き来しているように見受けられます。 AINEOは長期的事業展開しているため、その方式が異なります。

何か信じるものや信用できるものがあれば、それに対し自らの時間やお金に費やす事でしょう。

AINEOは、2006年に最初のクラウドサービスQuickerWeb.comを開始しました(その後、CIRCLEに統合)。弊社では銀行と良好な関係を保つことが重要であるとの助言を得て、データセンター設立とサーバー購入を目的とした融資を受けました。 思い起こせば多額な投資でしたが、その後新たに融資を受ける必要はありませんでした。 弊社では融資の完済後、新たな借入は受けておりません。 他人からお金を借りるということは、見知らぬ人や銀行など不要なものを通常業務に取り入れてしまう危険性があるのではないでしょうか。 

起業から23年目を迎えるAINEOは、音声(電話)、ビデオ、およびチャットを提供する日本で最も成長著しいクラウド・コミュニケーション・ビジネスを展開しております。お客様や会社内のチームと協力してコミュニケーションを取ることができる本サービスをCIRCLEと命名いたしました。CIRCLEは北アジア地区(日本、韓国、中国)において最も堅牢で、冗長な安全なシステムです。デスクフォン、ソフトフォン、モバイルアプリをクラウドに組み込む価値を認識し、事業継続計画 (BCP) の実現を希望する新しいお客様が、毎日CIRCLEに参加し続けています。

  • AINEOは1997年創業の無借金経営で株式非公開企業です。
  • 弊社20名以上の従業員への給与は、毎月お客様に提供しているサービスから支払われております。
  • 東京、名古屋、大阪のデータセンターから数千人のユーザーにサービスを提供しています。
  • 過去20年間以上、弊社の主要取引銀行として三菱UFJ銀行にお世話になってきましたが、2018年にりそな銀行に弊社主要取引先銀行として依頼いたしました。
  • 創設者のSP Wolfeは、現在も事業に深く関わっております。
  • CIRCLEプラットフォームについて、テクノロジー、チーム、およびビジネスにおけるパートナークライアントのより良い支援方法などを毎週議論するリーダーシップチームが会社を率いています。
  • AINEOは、事業を買収しようとしている企業から何度も申し入れを受けておりますが、弊社は事業を売却するのではなく、買収を目指しております。AINEOは他の有望な技術を取得します。
  • AINEOのリーダーシップチームは、数十万のお客様を支援すべく増強し続けております。
  • AINEOは、CIRCLEを強化するための投資以外に、借金も貸付金も未払いの財務責任はなく、借金も抱えておりません。
  • 良いビジネスの意思決定  日々のビジネスをサポートするために選択したサービスは基本的に変わりませんもし私たちのチーム主要サービスを提供している企業が提供する製品や技術を絶えず変更している場合にはビジョンが不足していると考えます 

    技術の変化に伴い、AINEOはビジネス・コミュニケーションを必要とされるお客様に対し、途切れなく一貫したサポートを提供すべく、妥協を惜しまずに献身して参りました。因果応報の法則にもあるように、人に何かをすると、他人もあなたに手を差し伸べるてくれるということです。企業がこれを理解していれば、どの国の経済も繁栄し続けることでしょう。

    弊社従業員一同、CIRCLEでみなさんとお会いすることを楽しみにしております。  お問い合わせはこちらまで。



    お問い合わせ 03 4550 6800